« 極悪人・菅直人前総理の「お詫び」発言の詭弁 | トップページ | 御託(ごたく)を並べるだけの小沢一郎 »

2012年5月30日 (水)

絶対悪の政策とは?

57_016

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆バス事故の原因は、小泉さん(?)

関越道で起きた“高速ツアーバス事故”に関連して、「陸援隊」社長が、「名義貸し」などの容疑で逮捕された。

テレビの某コメンテーターは、「(小泉内閣の)規制緩和が原因」と、小泉純一郎を批判していた。

「バス事故の原因=小泉改革」とは、“風が吹けば桶屋が儲かる式”の珍説である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「絶対悪」「絶対善」のレッテル

どうも最近は、名詞に「絶対悪」というレッテルを貼る風潮が多い。

例えば、「東電」に「原発」。それに、「財務省」、「政治家」など・・・。

各々の立場によって「絶対悪」の内容は違うが、それを論証する為に、“風が吹けば桶屋が儲かる”式の空論を並べる。

「小沢裁判は、米国=検察の陰謀」云々・・・などがその類だ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「絶対値」は存在しない

消費税増税法案を巡って、野田総理と小沢一郎が今日「会談」する。

野田も小沢も、“立場”によって両極(売国者or救世主)に分かれる。

政治家もそうだが、「消費税増税」などのような“経済政策”には、絶対値(絶対評価)は存在しない。

「絶対悪」も「100点満点」もない、それが経済政策である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆例外は、ある!

だが、鳩山由紀夫、菅直人などのように、例外的に・・・「絶対悪」(笑)の政治家もいる。

政策に於いても、一部の政治家によって画策されている「外国人参政権」「夫婦別姓」「人権侵害救済法」などは、「絶対悪」の政策である。

何故なら、これらの「政策」は、“国の形”を根本から破壊するものだからである。

====================

外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法、戸籍法改正などの売国・闇法案に反対します!

|

« 極悪人・菅直人前総理の「お詫び」発言の詭弁 | トップページ | 御託(ごたく)を並べるだけの小沢一郎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

参政権反対は大変結構だと思います。

しかし、苦しんでいる日本国内の同じ日本人である事実婚の人達の選択的夫婦別姓の導入を阻害するのは、日本を分断し、国家を破壊する行為だと思います。そもそも、ドイツ民法の物まねで作成された明治民法以前は明治初め頃の太政官政令等でも出されているように、夫婦別氏でした。日本の伝統です。
それに反対するなど、非国民と言われてもおかしくないかと。

まぁ、在日の人たちに便宜をすることにもなってしまうのが気にいらないのでしょうけど、もう少し日本の歴史の勉強をしてくださいね。

投稿: | 2012年5月30日 (水) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54833842

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対悪の政策とは?:

« 極悪人・菅直人前総理の「お詫び」発言の詭弁 | トップページ | 御託(ごたく)を並べるだけの小沢一郎 »