« 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)③ | トップページ | 家族が一番<GW写真> »

2012年5月 6日 (日)

全原発停止に“お祭り”騒ぎ

180932p

「廃炉」を自己目的とした“反原発派”の主張には、私は反対である。

少し冷静に考えれば、良い。

原発を少しずつ減らしていく“脱原発派”と、原発=絶対悪と言う“反原発派”の違いが分かるはずである。

日本近海に埋蔵量が多く、CO2排出量が少ないと言われるメタンハイドレ―ド等の代替エネルギーを開発すべきだが、実用化されるまでは、少なくとも原発は必要である。

要するに、日本のエネルギー政策は、総合的に計画的に考えて実施すべきである。

20080630_001 Img_1434495_61578751_0

=================

◆GW最終日

孫たちとは、2日~3日旅行(日光方面)をして、昨日(5月5日)は、女房と靖国神社に参拝に行った。

その後、人ごみの中、銀座を歩いた。

のどかな日本の一風景である。

GWも今日が最終日となった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆全原発停止に“お祭り”騒ぎ

昨日は、北海道電力泊原発の運転停止により、「原発ゼロ」になった。

過激なフェミニストの落合恵子氏らが、「原発ゼロの日」を祝って“お祭り”騒ぎをしていた。

瀬戸内寂聴さんも“お祭り”騒ぎに参加、経産省前の「違法テント村」に座り込んで、「原発=絶対悪」と決めつけて説法をしていた。

日本は、のどかである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆福島瑞穂の矛盾

社民党の福島瑞穂氏も騒ぎに便乗・・・「原発を止めよう!」「再稼働反対」と訴えている。

過去に・・・福島氏は、「水力発電」に対しては、ダムは環境破壊で、利権の温床!と反対したり、「火力発電」に対しては、CO2を排出して温暖化を進行させるな!と反対した。

だが、中国・韓国の原発建設には何も言わない、黙認した。

要するに、<反日>が福島氏らの“行動原理”なだけの事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“憶測”を基にした議論

夏場のピーク時の電力需要が「足りる」「足りない」の“憶測の議論”ばかりが盛んである。

実際のところ、政府=民主党の政策がはっきりしないから、何となく恣意的な議論ばかりが目につく。

政府と電力会社がちゃんと情報開示していないから、推進派にしても反対派にしても、為にする議論ばかりで、マトモな議論にはなっていない。

“憶測の議論”ばかりが目立っているが、責任の大半は、政府=民主党にある。

=================

|

« 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)③ | トップページ | 家族が一番<GW写真> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54645614

この記事へのトラックバック一覧です: 全原発停止に“お祭り”騒ぎ:

« 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)③ | トップページ | 家族が一番<GW写真> »