« 「家族とともに米国へ行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)② | トップページ | 全原発停止に“お祭り”騒ぎ »

2012年5月 5日 (土)

「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)③

Ch_chenguangcheng

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆妻子とともに

陳光誠氏は「家族とともに米国に行きたい」と言っていた。

結局、「留学」目的でアメリカに向けて出国できることになったようだ。

「妻子と一緒」に出国できる予定だ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆お母さんは人質に・・・

米中双方共に、「(亡命ではなく)正常な出国」であると発表している。

しかし、陳光誠氏が自由の国・アメリカへ行っても、独裁国・中国の故郷にはお母さんを(人質として・・)残している。

そんな状態で、陳光誠氏が中国の人権抑圧の“真実”を語れるわけはない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆人権より経済を優先

中国は、一貫として米国の「内政干渉」を批判していた。

結局・・・人質として陳氏のお母さんを監視下に置いているだろうから、この件での米中交渉は中国の勝利に終わった。

アメリカのクリントン国務長官は、「人権」よりも「経済」を優先させて妥協した。

極限状態に置かれた陳光誠氏は、米国で「ゆっくり静養したい」と話している。少しだけ想像力を働かせれば分かる事である。

===============

|

« 「家族とともに米国へ行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)② | トップページ | 全原発停止に“お祭り”騒ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54634765

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)③:

« 「家族とともに米国へ行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音)② | トップページ | 全原発停止に“お祭り”騒ぎ »