« 野田総理、民主党をぶっ壊して下さい! | トップページ | 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音) »

2012年5月 2日 (水)

≪漢詩鑑賞≫史郎中欽と黄鶴楼上に笛を吹くを聴く(李白)

350px1

史郎中欽と黄鶴楼上に笛を吹くを聴く

  李白<七言絶句>

一爲遷客去長沙  一たび遷客と為って長沙に去る

西望長安不見家  西のかた長安を望めども家を見ず

黄鶴樓中吹玉笛  黄鶴楼中玉笛を吹く

江城五月落梅花  江城五月落梅花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆史郎中欽(しろうちゅうきん) 郎中は尚書省の官吏。史欽は名前であるがどういう人は不明。

◆遷客(せんきゃく) 罪によって遠方に流される人。

◆長沙(ちょうさ) 湖南省洞庭湖の南にある町。広く黄鶴楼の地を指している。

◆玉笛(ぎょくてき) 美しい笛

◆江城(こうじょう) 長江流域の城。ここでは黄鶴楼のある武昌の町。

◆落梅花(らくばいか) 笛曲の名。

======================

李白、58歳の作。

安禄山の乱の後、永王璘の水軍に加わった罪により、夜郎に流されていく途中、郎中の史欽と黄鶴楼に登り、落梅花の曲を聞いて作ったもの。

晩年の李白の人間味を感じさせる作である。 

|

« 野田総理、民主党をぶっ壊して下さい! | トップページ | 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54609837

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫史郎中欽と黄鶴楼上に笛を吹くを聴く(李白):

« 野田総理、民主党をぶっ壊して下さい! | トップページ | 「家族とともに米国に行きたい」(中国人権活動家・陳光誠氏の本音) »