« 「生活保護費」は誰の為のもの? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) »

2012年5月27日 (日)

≪要警戒≫ 売国民主党、外国人参政権付与活動再開へ

Main

◆新報道2001

今朝のフジテレビ『新報道2001』は、「海底熱水鉱床」など“海洋”問題がテーマであった。

大陸国家の中国や韓国は、太平洋島しょ国との関係を積極的に強化している。

しかし、海洋国家の日本は、古くから「資源は外国から買えばよい」という考えである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中国の海洋進出を警戒すべき

日本近海は資源が豊富なのに、「資源は外国から買えばよい」という発想では、いつまでも日本は独立できない。

資源に対しても、国防に対しても危機感が少ない。

イザとなれば、「核心的利益」として日本の領土・領海に侵攻することに“何の躊躇も無い”のが、中国共産党独裁政権である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆看過できない動き

番組の中で、フジテレビの平井文夫氏が、次の事を取り上げた。

・・・『外国人地方参政権付与法案』賛成の民主党の議員連盟が、30日に政権交代後初めての総会を開き活動を再開させる。・・・というものである。

平井氏は、「(自民党にもいるが)外国人に参政権を与えよう」という議員が、どうして日本の国益を護ることができるか?と指摘し、質問した。

ゲストの渡辺周防衛副大臣は、外国人参政権に「反対」の意向を示していたが、山本一太議員(自民党)は、特別コメントしないで関係ない話をしていた。

山本一太さん、ノ―コメントとはセンスが悪いネエ・・・失望した。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆≪要警戒≫売国民主党、外国人参政権付与活動再開へ

今朝から、テレビ報道を観ていると、この“動き”を問題にしたのは、フジテレビの『新報道2001』だけである。

いよいよ、売国民主党の一派が“政権末期”と観て、“政局のカード”として「外国人参政権」を持ち出したか?

背後で、小沢一郎が糸を引いているのか?

因みに外国人参政権については、野田総理は「反対」だが、小沢一郎・鳩山由紀夫らは「賛成」の立場をとっている・・・。

=====================

※異様な光景(追記)

TBSの『サンジャポ』では、次長課長「河本準一」が話題だった。

お笑い仲間の爆笑問題などが、“河本擁護”するところまでは理解できる。

「謝罪している」のだから・・個人の批判で終わらせるべきでない。

しかし、八代英輝弁護士、杉村太蔵チルドレンなどが、「議員の資質に欠ける」と、片山さつき議員を個人攻撃する姿は、あまりにも異様だった。

=======================

|

« 「生活保護費」は誰の為のもの? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54810250

この記事へのトラックバック一覧です: ≪要警戒≫ 売国民主党、外国人参政権付与活動再開へ:

« 「生活保護費」は誰の為のもの? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) »