« 「霞が関文学」と「政治主導」の罪悪 | トップページ | 「沖縄厳戒態勢」を疑問視(?)する反日マスコミ »

2012年4月11日 (水)

橋下徹のポピュリズムは、小沢一郎に酷似している

Ce9b4aa0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆橋下徹氏の原発「再稼働反対論」に反対する!

私は、『船中八策』の頃までは、橋下徹氏には大いに期待した。

だが、橋下氏の『原発再稼働8条件』に至っては、正に<亡国の条件>である。

“選挙目当て”の『8条件』でしかない橋下氏の<亡国の条件>には、断固、私は反対する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「安全性」と「経済性」からも逸脱した議論

橋下氏は、“(大阪府と共に)100km圏内の知事に「原発稼働拒否権」を与える”という過激な8条件を関西電力に突きつけた。

さらに『8条件』について・・・橋下氏は、「私が出しても国民も関電も無視すればいいだけの話」と言い放った。

藤村官房長官は、「キチンと条件を検討しているなら、それをキチンと聞いてくれと言う方が正論だ」と語った。

さらに、藤村長官は、「聞いても聞かなくてもいいと言われると一体何をしているのかと思う」と困惑気味に反論した。<藤村氏の方が正論である!>

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「安全性」は、選挙で決められない!

原発の「安全性」と、知事の「拒否権」は、無関係な事である。

原発再稼働に関して、知事の「理解」を求めるべきだが、「同意」が再稼働の条件となれば“取り敢えず”全ての原発が、安全性の議論を抜きに「停止」される。

“原発シロウト”の橋下氏の「議論」は、「安全性」と「経済性」から逸脱したポピュリズムそのものである。

原発「安全性」に関する“専門家の科学・技術的な”指摘”については、謙虚に傾聴すべきだが、これ(再稼働8条件)は選挙目当てのものでしかない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆小沢一郎と酷似点

橋下氏の政治姿勢(=政治手法)を観察すれば、「選挙至上主義」の小沢一郎と酷似している事に気づく。

橋下氏は、消費税についても(小沢と同じく)「僕は大反対だ」と言っている。

だが両者にとって、政策などはどうでも良いのだ。

===================

橋下と小沢にとって、「政策」などというものは「選挙」に勝つための手段に過ぎない。責任の全てを「内閣総理大臣」に押し付けるだけ。橋下&小沢は、ポピュリズムに於いて酷似している。橋下氏には、期待しただけに、「亡国」“原発再稼働8条件”は残念である。撤回を求めたい。

====================

78ade_1106_119241l

|

« 「霞が関文学」と「政治主導」の罪悪 | トップページ | 「沖縄厳戒態勢」を疑問視(?)する反日マスコミ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54445697

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹のポピュリズムは、小沢一郎に酷似している:

« 「霞が関文学」と「政治主導」の罪悪 | トップページ | 「沖縄厳戒態勢」を疑問視(?)する反日マスコミ »