« 三宅久之さんが『ビートたけしのTVタックル』引退 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫ 七哀の詩(王粲) »

2012年4月 3日 (火)

民主党の茶番劇~「辞職届」vs「慰留」

429 News4993240_6

==============

◆集団「辞表提出」だと・・・

政務三役5人の辞表提出に続いて昨日(2日)、小沢グループの29名が、民主党輿石幹事長宛てに“党役職”の辞表を提出した。

「役職の辞表は出すが、離党はしません」(鈴木幹事長代理)とは、茶番である。

この『辞職届』の内容は、全員共通して次の通りである。

  辞職届

今般、一身上の都合により

辞職いたしたくここにお届けします。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆離党するのが筋

この“集団辞表”の提出に、輿石幹事長は、「いや、私は何ら(辞表を)受け取っておりません」と嘯(うそぶ)いた。

政務三役の「辞表提出」については、藤村官房長官は明日にも結論を出すと言うが、何も政務三役の仕事をしていないのだから、サッサと辞めてもらうべきだ。

本来ならば政務三役も党役員も、“役職辞職”ではなく、民主党の木内孝胤議員のように「自分の信念を貫き通すには“離党”するしかない」と言う方が筋が通っている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

Stt12033020480014p1s 001ec94a25c51064fd8c02

◆茶番劇~「辞職届」vs「慰留」

いやはや何か、「TVドラマ」の正義感溢れる刑事役が“辞表“を提出するが上司がこれを庇って握りつぶすシーンでも演じているつもりなのか?

痩せても枯れても国会議員たる者が、公に「辞職した」と発表したのだから、慰留も何も、当人たちの意思で「辞職した」のである。

まさか、ポッポ鳩山元総理が「引退」を“撤回”したように、(慰留されて)「辞表」を“撤回”することは無いと思うのだが。

今の民主党なら、それもあるかもしれないネエ・・・。

政府・民主3役会議では、「辞表を受理せず慰留に努めること」を確認したというが、党内政局の茶番劇である。

|

« 三宅久之さんが『ビートたけしのTVタックル』引退 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫ 七哀の詩(王粲) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54382347

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の茶番劇~「辞職届」vs「慰留」:

« 三宅久之さんが『ビートたけしのTVタックル』引退 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫ 七哀の詩(王粲) »