« ≪書評≫自滅するな日本(ケビン・メア×田原総一朗) | トップページ | 橋下徹「民主党打倒」に輿石東「受けて立つ」 »

2012年4月15日 (日)

≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明)

China092

飲酒  陶淵明<五言古詩>

結廬在人境  廬(いおり)を結んで人境に在り

而無車馬喧  而も車馬の喧(かまびす)しき無し

問君何能爾  君に問う何ぞ能く爾(しか)るやと

心遠地自偏  心遠ければ地自ら偏(へん)なり

采菊東籬下  菊を東籬(とうり)の下に采(と)

悠然見南山  悠然として南山を見る

山氣日夕佳  山気(さんき)日夕(にっせき)に佳(よ)

飛鳥相與還  飛鳥(ひちょう)相与(とも)に還(かえ)

此中有眞意  此の中に真意有り

欲辧已忘言  弁ぜんと欲すれば已に言を忘る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この詩句は、隠者詩人・陶淵明の代表作の一つである。

「菊を東籬の下に采り」「悠然として南山を見る」の句は、“心のゆとり”を感じさせる。

そして、最後の句「此の中に真意有り」「弁ぜんと欲すれば已に言を忘れる」が、私を爽快な気分にさせてくれる。

漢詩っていいですねえ!

===============

|

« ≪書評≫自滅するな日本(ケビン・メア×田原総一朗) | トップページ | 橋下徹「民主党打倒」に輿石東「受けて立つ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54474712

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明):

« ≪書評≫自滅するな日本(ケビン・メア×田原総一朗) | トップページ | 橋下徹「民主党打倒」に輿石東「受けて立つ」 »