« ≪返信≫ 気象生詩筆 波爛動酒尊 | トップページ | ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 »

2012年3月 5日 (月)

被災地ガレキ受け入れを拒否する「反原発派」住民

Tky201201150002

頑張れ、細野豪志さん!

・・・・・・・・・・・・・・・・

◆TBS朝ズバ

今朝≪TBS朝ズバ≫で、みのさんが「被災地の瓦礫を何故、(安全なのに)受け入れを拒否するんだ!」と怒っていた。

「助け合う気持ちはないのか」「日本人の絆・頑張れ東北とは口先だけか」と・・・。

みのさんの“怒り”に、私は共感する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆反原発派の詭弁

瓦礫の“安全性”が確認されている。にも関わらず、“反原発派”の市民等は「拒否」している。

このような人々(所謂、ノイジ―・マイノリティー)の“受け入れ拒否の理由”は、主に風評とデマによるものである。

反原発派の広告塔(?)俳優・山本太郎は、次のように「言い訳」をしている。

・・・被災地ガレキを受け入れ拒否ではなく、国の安全基準が安定していない今、受け入れを急いで決めるのではなく、まずは被災していない土地の産物を生産して届ける。被災者を受け入れる。それをする事が、被害を受けていない土地のすべきこと・・・。

何を言っているのか分らない支離滅裂な「言い訳」であり、詭弁である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ガレキが処理できなければ復興は進まない

反原発派は、(菅前総理と同じく)震災復旧・復興の<妨げ>でしかない。

≪TBS朝ズバ≫では宮城県の村井知事が、雪の積もる瓦礫の山から中継で、次のように訴えていた。

「瓦礫が復興の妨げになっているんです」「瓦礫が処理できなければ、解体ができない、解体ができなければ復興計画は進まない」

まったくその通りである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆絆(きずな)

同番組で、静岡県の島田市は、瓦礫の受け入れを表明していることを報道した。

当該地は、お茶の産地で“風評被害”にあった土地である。

お茶の会社の社長は、「今まで東北の人には、お茶を買ってもらった」「今度は我々が恩返しする番だ」と言って「受け入れ」に積極的に賛成していた。

これこそが、日本人の助け合いの精神ではないか!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆バカ野郎!と一喝すれば良い

某コメンテーターは、「政府はもっと丁寧に説明すべき」と言っていたが、そういう問題ではない。

「(安全性に)不安な気持ちは、理解できるが・・・」などと甘いことを言っても、反対派は“反対の理由”を探し出す。

ノイジ―・マイノリティーが声高に反対しても、石原慎太郎東京都知事のように「うるさい!」「バカ野郎!」と一喝すれば良い。それだけで良い。

彼らにいくら丁寧に説明しても、最初に“反対ありき”だから納得をすることはない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆松原仁&細野豪志は「別」

野田政権は、もはや末期状態である。野田政権にはもはや何に期待も出来ない。

だが、閣僚の中では、松原仁さんと細野豪志さんは“別”で、大いに期待している。

松原仁さんは、以前から拉致問題には熱心に取り組んでいて、「外国人参政権には反対」「南京大虐殺は無かった」と言っていた。閣僚として、正論を大いに述べて欲しい。

細野豪志さんは、「安全な原発は、再稼働すべき」と述べた。当然の事である。

残念なのは、民主党政権の中の閣僚だと言うことである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安全な原発の再稼働を!

因みに・・・韓国は日本の原発再稼働に「反対」しているが、それは日本の原発設備の輸出市場を奪おうとする魂胆がある。

韓国と日本の反原発派のプロパガンダにダマされてはいけない。

細野大臣はまずやらなけれならない事は、政府の責任で被災地の瓦礫の運び出し、受け入れの実施である。

そして安全な原発の再稼働である。

頑張れ!細野豪志さん

|

« ≪返信≫ 気象生詩筆 波爛動酒尊 | トップページ | ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおりです。悲しいかな、現在のすさんだ社会では、対岸の火事を嘲笑する者が大きな顔をしていることに違和感を感じないようですね。反原発を掲げているような利己的で視野の狭い人たちに「資源の少ない日本で化石燃料を活用したエネルギー政策が理想的であるのか?」という質問を投げかけたいです。大変だと思いますが、正義への道標として、頑張ってください。応援しています!!

投稿: ぱんさ~ | 2012年3月16日 (金) 00時12分

私は基本的に「脱原発派」ですが、クルマを化石燃料から電気エネルギーに転換することを国家的に推進するためには原発推進は不可欠と考えます。いかに風力発電などを普及させたとしても、それだけではとても遠距離ドライブなど不可能でしょう。それゆえ「脱マイカー派」もしくは「マイカー抑制論者」でもあります。
また、私は「脱原発派」でありながら、現在のヒステリックなほどの放射能恐怖の風潮にも疑問を感じています。
わが山形県内には一万人を超える放射能「被災者?」が若い母子を中心に避難してきていますが、それも事故原発からかなり離れた福島市や郡山市など「中通」からの避難者が多いようで、彼女たちに対する「支援」が山形県内の自治体の最重要課題とまでなっているほどです。
一方、山形県(知事は女性)は宮城県の被災地ガレキをいち早く受け入れていますが、それに対して「バカ女が知事である山形県民は不幸だ」などと言う者まであり、憤りすら感じています。
原発からかなり離れている宮城や岩手のガレキに対してまで放射能汚染の危険性があると主張する者に問いたいが、それではいち早く被災地にかけつけてガレキ片づけをしたボランティアの人たちをも「放射能汚染」を理由に交際を拒否するというのか。
こんなことを私のホームページの最近の記事で記していますから、ぜひご一読ください。

投稿: 山形の小林 | 2012年3月17日 (土) 11時32分

細野大臣がんばれ!総理は禁煙すべき!

投稿: 不良総理 | 2012年3月19日 (月) 18時29分

私は北九州市に住む反原発派ですが、
震災がれき受け入れには賛成ですな。

投稿: | 2012年3月21日 (水) 18時47分

お子様はいらっしゃいますか?

子を持つ親なら受け入れに反対する気持ちは分ります。

これはどちらが悪という問題ではないと思います。

投稿: | 2012年4月11日 (水) 16時16分

大窪由郎さん、あんたの負けだ。
がれき受け入れ反対の人たちの論理に、太刀打ちできていない。
まず、あんたはがれきの放射能は全く安全だと言いきれるのなら、
科学的な論証をすべきではないのか。
科学者の中にも多くの異論があることを、
あんたは責任を持って安全だと言えるのか。。
政府の示した基準を、あんたは無批判的に受け入れて、
他人に押し付けることができるのか。
もっとじっくりと考えてほしい。

被災地に、がれきがあるから復興が進まないのか。
復興に必要な場所に、がれきを積み置きしないのが普通ではないのか。
阪神淡路大震災に比べ、さほど多くはないがれき量を、
広い東北で処理できないのはなぜか考えてみたのか。

また津波が来たら流されるような低地にには、
防潮堤や高台の造成が必要だとは思わないのか。
がれきをそのための資源として活用する考えはできないのか。

「日本の原発設備の輸出市場を(韓国が)奪おうとする魂胆」にまで、
賢く頭が回るあんたが、どうして島田市長の息子が産廃利権を
握っていることに気がつかないのだ。

東電の子会社が、国税を使ってがれき焼却灰を処理し、
巨利を得ている構図を、あんたは見て見ないふりをしているのか。
その東電子会社を経由して、国費が都に還流するシステムに、
あんたはどうして目を向けようとせずに、「うるさい!」「バカ野郎!」
と都民を罵るしか能のない老害知事の肩を持つのか。

あんたのブログにトラックバックした「残念だ、鳥越さん。
震災がれき問題に見る、鳥越俊太郎氏の劣化。」
(みなと横浜みなみ区3丁目)の記事をよく読んでみたまえ。
あんたに、勝ち目はないことがよくわかるから。

投稿: ジャッジマン | 2012年4月12日 (木) 11時39分

>阪神淡路大震災に比べ、さほど多くはないがれき量を、
広い東北で処理できないのはなぜか考えてみたのか。

はぁ~?
処理能力を考えてるのか?

ではがれきの放射能は危険だと言いきる科学的な論証はどこにあるんだ?

投稿: おおい町周辺 | 2012年7月15日 (日) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54145720

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地ガレキ受け入れを拒否する「反原発派」住民:

« ≪返信≫ 気象生詩筆 波爛動酒尊 | トップページ | ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 »