« ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 | トップページ | 野田総理の二枚舌(谷垣or小沢) »

2012年3月 7日 (水)

「南京大虐殺は無かった」:(河村たかしさん)真実を述べたら最後まで貫く覚悟が大切

Pk2011020302100123_size0

◆「減税日本」には反対だが

私は、河村たかし名古屋市長の考え「減税一本槍」には賛同しない。

市民税を安くすれば、(元中日ドラゴンズ監督の落合氏のような)高額所得者は、名古屋市に集まるだろう。

何故なら、根本的な対策ではない。

それは、“名古屋市だけ”の発想であり、地域間の格差を生むだけである。

だから、私は河村さんの政策にはほとんど賛同しない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆日中両国からの圧力

しかし、河村市長は去る2月20日に、名古屋市を訪問した南京市共産党委員に対して「南京大虐殺は無かった」と発言した。

正論であるし、(この発言に関しては)河村さんの発言を支持する。

この河村発言に中国外務省は「反発」し、河村氏の中国“渡航禁止”を決定し、民間交流“凍結”などの圧力をかけた。

日本国内でも、河村発言を「不適切」「日中友好の妨げ」などと反日マスコミはは批判している。

日本政府は、「日本政府の公式見解(村山談話)は不変」という立場で、“火消し”にやっきになっている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆大村秀章は男じゃない!

ビートたけしのTVタックルに出演していた大村秀章愛知県知事は、橋下徹大阪市長や河村たかし名古屋市長との“連携(盟友関係)”を訊かれて、「彼(河村市長)は、例の発言で忙しいから・・・」(笑)と言葉を濁していた。

盟友なら盟友らしく、大村氏も「彼(河村市長)の発言(南京事件はなかった)は、その通り」と、一言くらい“援護射撃”をしてもよかったのではないか!

大村さんは男じゃない!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ウソを百回つけば真実になる

私の心配している事は、河村さん個人の政治生命の事ではない。

中国の嘘に黙っていることをくり返せば、中国の思惑通り「ウソ(=南京大虐殺)が真実になってしまう」ことを、私は心配する。

河村さんが、もし日中両政府の圧力に抗しきれず“発言”を撤回したら、尚更、中国の思惑通りになってしまう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

だから、真実を言うには“覚悟”が必要である。軽はずみや思いつきで物を言ってはいけない。だが・・・

一度真実を語ったら、最後まで真実を貫き通す“覚悟”をもつべきである。

頑張れ!河村たかしさん!

==========

|

« ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 | トップページ | 野田総理の二枚舌(谷垣or小沢) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54161524

この記事へのトラックバック一覧です: 「南京大虐殺は無かった」:(河村たかしさん)真実を述べたら最後まで貫く覚悟が大切:

« ビートたけしのTVタックル~山口二郎教授の時代錯誤 | トップページ | 野田総理の二枚舌(谷垣or小沢) »