« 「南京大虐殺は無かった」:(河村たかしさん)真実を述べたら最後まで貫く覚悟が大切 | トップページ | 「原発が憎い」~児童の異常性 »

2012年3月 8日 (木)

野田総理の二枚舌(谷垣or小沢)

Pn2012022901001779___ci0003

◆極秘会談は壊された

野田・谷垣の極秘会談は、どうやら不調に終わった。

“増税”が先か(野田)?それとも“解散”か(谷垣)?という手順の違いから不調に終わった。

野田さんは、「消費税増税⇒(時期は不明だが)解散」の図式を描いたが、谷垣さんは、「解散(約束)⇒消費税増税⇒(9月までに)解散」という図式を描いていた。

それぞれの思惑はあるが、その手順の違いは大きい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆谷垣さんは嘘をつけない

谷垣さんでは正直すぎるから、血相変えて「断固、会ってない」と否定した。

そんな姿を見ると、「極秘」会談は最初から無理のようだ。

それに、総理サイドにも小沢一郎への“密通者”がいるから「極秘」にしておくのはそもそも無理だった。

谷垣さんは、嘘をついても平然としていられるような“役者”ではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆消費税「政局」と小沢一郎

野田総理は、「極秘」会談がバレたことで、小沢一郎の“党内影響力”を再認識したようだ。

野田総理は、「解散を道具にして何かを成し遂げようという基本的な考え方は私はございません」と語った。

これは、「解散するつもりはありません」というメッセージである。

小沢一郎&鳩山由紀夫グループの「党内世論」に対するものである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆野田総理の逡巡

野田総理は、「51対49でも(消費税は)通す」と言った。

過去にも「不退転の決意」と言った。

強気の姿勢のようだが、「解散」を口にしない限りは党内は反発しない。

谷垣氏との極秘会談が壊されたことで、谷垣(自民党)をとるか小沢(党内反対派)をとるか(?)野田総理は逡巡しているのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆政策には興味が無い小沢一郎

小沢一郎が登場するのは、「政局」場面である。小沢の脳裏にあるのは、「政局」だけで、「政策」には関心を示さない。

そもそも、消費税もTPPも、選挙を意識して“反対”をしているだけで、政策上の理由があって反対している訳ではない。

小沢一郎は、「“51対49でも”というのは、民主主義のあり方として違うんじゃないか」と反発しているが、何を言っているか意味不明である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆党利党略

野田・谷垣会談が不調に終わったことで、民主党内には野田総理と小沢一郎の会談を模索する動きが出てきた。

小沢は、“仲介人”の輿石幹事長に「(野田総理とは)今すぐ会うべきではない」と伝えた。(時間稼ぎが狙いだ)

「このまま消費税で選挙に突っ込めば、賛成派も反対派も共倒れだ」と言った。(その通りかも知れぬ)

政権与党・民主党「多数派」の本音は、“解散回避”である。そして、それは“国益”を考えない党利党略の党内世論でしかない。

悲惨な国政の現状だ・・・。

==================

Mv7_bor

|

« 「南京大虐殺は無かった」:(河村たかしさん)真実を述べたら最後まで貫く覚悟が大切 | トップページ | 「原発が憎い」~児童の異常性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54168949

この記事へのトラックバック一覧です: 野田総理の二枚舌(谷垣or小沢):

« 「南京大虐殺は無かった」:(河村たかしさん)真実を述べたら最後まで貫く覚悟が大切 | トップページ | 「原発が憎い」~児童の異常性 »