« ≪漢詩鑑賞≫ 商山早行(温庭筠) | トップページ | 伊豆小旅行(2月21日~22日) »

2012年2月21日 (火)

選挙区事情~「党と議員は違う」(?)

80_005

孫の敬斗君(4ヶ月)

======================

◆民主党を「離党」した人

千葉7区の内山晃さん他、民主党を離党した議員さん達の目的は何だったのだろう?

「選挙が第一」だろうが・・・、下手なパフォーマンスだ。

政党名が確か?「きづな」とか言っちゃって、馬鹿らしいにもほどがある。

野田総理にも皮肉られていたネエ(笑)。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「真正」民主党?

一方、民主党を離党しないで、「我こそは“真正”民主党」と、吠えている議員さん達(鹿児島の川内さん他)もいる。

彼らの「教祖様」は、鳩山由紀夫&小沢一郎だ。

選挙が近づくと、議員さん達は恥も外聞も捨てて、「落選」の恐怖心と戦いながら「国民の生活が第一」(08年総選挙での民主党のキャッチフレーズ)と念仏を唱える。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆覚悟の度合い

「民主党」は期待外れだったが、「自民党」にも期待が持てない。という「世論」の声がある。

私は少し控え目に、「今は、民主党よりも自民党の方がまし」だと思っている。

一方、橋下徹さん達『大阪維新の会』の人気が凄い。

このまま続くとは思わないが、彼らの人気の秘密は、「覚悟の度合い」だろう。

谷垣さんには野田さん程の覚悟が感じられない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆党と議員は違う?

だが、イザ選挙となれば選挙区の事情がある。

よくある理屈に、「○○議員さんは別だが、民主党には愛想が尽きた」というものがある。

おかしな理屈である。

民主党には愛想が尽きたなら(民主党の)○○議員さんにも愛想が尽きても良いようなもの。

「党と議員は違う」(ダブルスタンダード)という民主党のダマシにのっている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆千葉一区の事情

地元の、千葉1区の場合は、現職は田嶋要(民主党)、新人は門山ひろあき(自民党)である。

ここでも、「党と議員は違う」(ダブルスタンダード)という民主党のダマシの「理屈」がある。

もし田嶋さんが、民主党を離党して選挙を戦うというなら話はわかるがそうではない。

「田嶋氏本人はその見識・能力等を評価するものの、民主党の田嶋氏は全く評価しない」と、有権者はハッキリ言うべきだろう。

====================

|

« ≪漢詩鑑賞≫ 商山早行(温庭筠) | トップページ | 伊豆小旅行(2月21日~22日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 DC53と同様、民主党はボロボロですね。

投稿: 鋼材屋 | 2013年8月21日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54037365

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙区事情~「党と議員は違う」(?):

« ≪漢詩鑑賞≫ 商山早行(温庭筠) | トップページ | 伊豆小旅行(2月21日~22日) »