« 日本建国の理想  | トップページ | 大阪維新の会「船中八策」について »

2012年2月13日 (月)

米軍基地は「嫌悪」施設か?

Futenma_base

◆「県内」の選択肢は無い

昨日、沖縄県の宜野湾市長選の結果が出た。

普天間基地の移設先を巡って、「県外」か「国外」か争点だったが、「県内」の選択肢は最初から除外されていた。

どちらにしても、米軍基地は「嫌悪」施設のように扱われている。

米軍基地を「嫌悪」施設とするのは、明らかに間違いである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「嫌悪感」とは?

「嫌悪」とは、汚い物、食用に適さない物、伝染性がある物、その他の不快さを催す物事に関連した感情(『ウイキディア』)という意味である。

さらに「嫌悪」は、二つに分類される。

①身体的な嫌悪(不潔さ)

②道徳的嫌悪

米軍施設を「嫌悪」する人達は、恐らく②の、「道徳的嫌悪」を“米軍施設”にあてはめて感じているのだろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆米軍基地は「嫌悪」施設か?

人間が持つ「嫌悪感」というものは、簡単には拭いされないモノがある。

フェミニストの田嶋陽子氏などは、「全部男が悪い」と言うだろうし、宮崎駿監督は、「iPadに嫌悪感」「自慰行為をしているようで気色悪い」「ぼくには鉛筆と紙があればいい」と、iPadに「(道徳的)嫌悪感」を示している。

人間が持つ「嫌悪感」というものは、人によって様々である。

ところで、沖縄の米軍基地「施設」は、「嫌悪」施設なのか?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆米兵による少女暴行事件

米軍基地に限らず、自衛隊の基地にしても「軍事基地」に反対する人々は、「軍事基地」に対しては「(道徳的)嫌悪感」を持っている。

何故、そうなったのか?

前任の沖縄防衛局長は、地元マスコミとのオフレコ懇談会で「犯す」と言って更迭された。

数年前の米兵による「少女暴行事件」を、地元紙は“連想”させた。

しかし、マスコミの連想ゲームのようなスリカエで、「米兵による犯罪」が、「米軍による犯罪」と言いかえられ、更に「米軍基地施設」そのものに「嫌悪感」を持つようになった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆これは“スリカエ”である

犯罪を行なったのは、「米兵」である。「米軍」でもなけれ「米軍基地」でもない。

「嫌悪」すべきは、米兵の犯罪行為であって「米軍基地施設」ではない。

これは、全くおかしな“スリカエ”である。

国防を目的とした「防衛施設」に対して嫌悪感を持つと言う事は、個人的(生理的あるいは肉感的)「嫌悪感」とは異なる飛躍した考えである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ポッポ鳩山は学んでいない

鳩山由紀夫元総理は、普天間基地の移設先で「迷走」の末、「抑止力」を学んだと言った。

だが、鳩山由紀夫は「防衛施設」の「抑止力」を学んだが、未だ学んでいないモノがある。

それは、<米軍基地は「嫌悪」施設ではない>と言う事である。

最高の政治道徳である国防を目的とした「防衛施設」は、決して「嫌悪」施設ではない。

この事を、鳩山由紀夫は学んでないのである。あるいは学んでも“三歩歩けば”忘れるかどちらかである。

つくづく思う、鳩山由紀夫の罪万死に値する。

======================

|

« 日本建国の理想  | トップページ | 大阪維新の会「船中八策」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53972103

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍基地は「嫌悪」施設か?:

« 日本建国の理想  | トップページ | 大阪維新の会「船中八策」について »