« 松原仁さんは拉致問題だけ頑張れば良い! | トップページ | 国民の、国民による、国民のための政治 »

2012年1月15日 (日)

「若い人は可哀想だでよ」(ぎんさんの4姉妹)

Mca1109060503012p1

◆今朝の『新報道2001』

フジテレビの『新報道2001』に、名古屋の蟹江ぎんさんの4姉妹が出演してスタジオの安住財務大臣と話をしていた。

安住大臣は、平均92歳(?)の彼女たちの「若くて良い」「頑張って下さい」のエールに相好を崩していた。

なるほど安住氏は政治家としてはどうかだが、「軽い」感じはお年寄りにもてるタイプ(?)のようだ。

マア、それは兎も角として、お年寄りの“元気な姿”を見ると、こちらまで元気になるようで嬉しい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆孫の代のことを考える

4姉妹は、「消費税増税」については、「消費税を上げることは良いが」「しかし、政治家や官僚の給料を削れ」と言っていた。正論である。

特に印象的だったのは、「年金」についての質問に、「私達の事はもういい」「少しくらい我慢もできる」けど、これからの「若い人は可哀想だでよ」「年寄りをあまり大切にしたらあかん」と答えていた。

4姉妹は全てを見抜いているネエ。

孫たちの将来の事を考えると、私は64歳の若輩者だが・・・4姉妹の言葉には共感する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆財政の危機

私は、歳出をカットして、さらに経済対策を施した上で、消費税増税することには賛成である。

増税に反対するのは、概ね“選挙”を意識してのことである。民主党が、「4年間はあげない」と言うのは、マニフェスト云々ではなくて“選挙”を意識してのことである。

だから政治家は、財政収支が極めて悪化しても、選挙が近づくと平常心を失い「増税反対」と叫ぶ。さらに、バラマキ政策を振りかざす。

このような欺瞞政治は、長続きしない。

そのことを4姉妹は、見抜いているようだった。「少しくらいの我慢」は必要である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党の両面作戦(?)

野田総理は、「不退転の決意」で消費税増税で舵をきった。そして「協議に応じて!」と、自民党に対して揺さぶりをかけている。

民主党の反対派も消費税増税が「決定したわけではない」と静観している。

マスコミも、「マニフェスト違反」の民主党よりも、「協議を拒否(?)」する自民党を批判してきた。

民主党は、TPPや消費税増税等について「賛成」「反対」の両面作戦で政権運営を計っている。

もしかしたら、この高等作戦で、追い詰められているのは自民党なのかも知れない。

========================

76_047

孫の隼弥君と敬斗君。

|

« 松原仁さんは拉致問題だけ頑張れば良い! | トップページ | 国民の、国民による、国民のための政治 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53740669

この記事へのトラックバック一覧です: 「若い人は可哀想だでよ」(ぎんさんの4姉妹):

« 松原仁さんは拉致問題だけ頑張れば良い! | トップページ | 国民の、国民による、国民のための政治 »