« 野田総理は、“国家意思”を示せ! | トップページ | オレンジリボン運動(児童虐待防止)に賛同を! »

2011年11月 1日 (火)

がんばれ、橋下徹さん!

Hasimoto

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆橋下徹氏に“共感”する

橋下氏は、一見してハチャメチャであるが、実は“賢い人”ではないか。

そのハチャメチャぶりも、用意周到な高等戦術に思える。

「大阪維新の会」を率いながら、「大阪の統治機構、教育委員会制度、公務員制度を変える」「電力の供給体制にも踏み込む」と橋下氏は語る。

民主党も自民党も大阪では、大政党は、“橋下旋風”に金縛りのような状態である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“地方主権”の限界をわきまえている

しかし一方で、橋下氏は「ただ(自分がやるのは)そこまで」「天下国家は、論じたい人がやってくれればいい」と、国政進出に興味はないと語る。

実に見事な、“地方主権(正確には地方分権と言うべきだが)の限界”をわきまえた“寸止め”のハチャメチャぶりである。

大阪のトコトン腐敗した「公務員天国」は、ハチャメチャぶりであっても独裁的(平松大阪市長談)であっても思い切った政治改革をしなければ、永遠に“改革”はできないのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆週刊誌の酷いバッシング

週刊誌が、☆橋下氏が同和地区に住んでいたこと ☆実父が「暴力団組員」でガス管をくわえて自殺したこと ☆親族の犯罪歴 などの暴露記事を載せた。

極めて酷いバッシングである。それがどうしたんだ!と、私は週刊誌に問いたい・・・。

橋下氏は、「僕が小学校2年、物心ついたころには実父は家にいなかったのでほとんど記憶はない」と語りながらも、「(記事の内容は)その通り」と堂々と笑って答えた。

不遇な環境に負けずに、努力して出世した橋下氏は立派ではないか。

週刊誌は、酷いことをするが、このバッシング記事は、「裏目」に出たようだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆がんばれ、橋下徹さん!

人気TV番組の「行列のできる法律相談」で、橋下氏と弁護士“仲間”だった丸山和也議員(自民党)は、「自民党の支援が得られない」ことを理由に知事選出馬を断念した。

官民の馴れ合いで、無駄なハコモノや経費をたれ流してきたのが今までの大阪府である。

誰も出来なかった大阪府の財政再建を職員(労組)との“緊張感”をもってやろうとしたのが橋下氏である。

「自民党の支援が得られないから断念した」丸山和也氏とは、あまりにも“覚悟”が違いすぎる。

019l

=====================

国では出来ない事も、地方(大阪)でなら出来ることもある。

がんばれ!橋下徹さん!

|

« 野田総理は、“国家意思”を示せ! | トップページ | オレンジリボン運動(児童虐待防止)に賛同を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

しばしば起きる沖縄での米兵による婦女子に対する暴行などの事件についてのご発言は勇み足ではあるが、一案である。 米国が変なコメントを出すのなら何らかの解決策を出すべきだ。韓国とは1965年の日韓基本じょうやくで過去のすべての権利義務は最終的に完全に処置されている。 これは個人、法人
にかかわらずすべて解決したものであると条約には記載されており。相互間でもちろん承認しているものだ。 従軍慰安婦と称されるものは無責任な新聞会社が作った名称で、従軍慰安婦は制度としても無かった。 あるなら証拠を出して話し合えばよい。 ただし日韓基本条約で保障なり、倍賞なりはすべて解決していると堂々と主張してください。 敗戦直後朝鮮経由で引き揚げた邦人が朝鮮半島でどれほどの残虐な仕打ちにあったか、戦後の日本でどさくさに紛れて何があったのか歴史をいうならとてつもない人道上許されない行為があったのか。これもすべて蒸し返すのか、政治家はロビー活動も含めて世界のマスメディアに正しい歴史を日本も打ち出すべきだ。 今のままでは日本人の誇りも、メンツも韓国、中国のプロパガンダでずたずたになる。 ぜひ頑張ってください。 橋下市長、 安倍首相

投稿: 高橋のりゆき | 2013年5月17日 (金) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53135319

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、橋下徹さん!:

« 野田総理は、“国家意思”を示せ! | トップページ | オレンジリボン運動(児童虐待防止)に賛同を! »