« 蓮舫大臣の言語明瞭・意味不明(笑) | トップページ | TPP・・・問題は民主党政権の交渉能力 »

2011年11月21日 (月)

≪漢詩鑑賞≫將進酒(李白)

Li_bai

李白は60余年の生涯を酒と共に過ごした。「李白は一斗詩百篇(=李白は一斗の酒を飲めば、詩を百編もつくってしまう)」(杜甫『飲中八仙歌』)と歌われている。

この『將進酒』は、酒の賛歌である。詩の最後に、「爾(なんじ)と同(とも)に銷(け)さん万古の愁い」とある。“万古の愁い”とは、実に李白らしく、「人間の暗愁(あんしゅう)」(五木寛之先生の言葉)を想い浮かべる詩である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

將進酒(李白・七言古詩)

=======================

君不見        君見(み)ずや

黄河之水天上來  黄河の水天上(てんじょう)より来(きた)るを

奔流到海不復囘  奔流(ほんりゅう)海に到って復(ま)た回(かえ)らず

君不見        君見ずや

高堂明鏡悲白髪  高堂(こうどう)明鏡白髪を悲しむを

朝如靑絲暮成雪  朝には青糸(せいし)の如きも暮には雲と成る

※奔流(速い流れ)、高堂(高く立派な建物)、明鏡(はっきり映る鏡)、靑糸(黒い髪)

人生得意須盡歡  人生の得意(とくい)須らく歓(かん)を尽くすべし

莫使金樽空對月  金樽(きんそん)をして空しく月に対せしむる莫れ

天生我材必有用  天我が(ざい)を生ずる必ず用有り

千金散盡還復來  千金(せんきん)散じ尽くせば還(ま)た来らん

烹羊宰牛且爲樂  羊を烹(に)牛を宰(さい)してしばらく楽しみを為さん

會須一飮三百杯  (かなら)ず須らく一飲三百杯なるべし

※得意(思いのまま行動する)、金樽(立派な酒樽)、材(才能)、一飲三百杯(後漢末の儒者、鄭玄じょうげんの故事。鄭玄は朝から暮までに三百杯飲んだが乱れなかったという)

岑夫子  丹邱生  岑夫子(しんふうし) 丹邱生(たんきゅうせい)

進酒君莫停     酒を進む君停(とど)むる莫かれ     

與君歌一曲     君が与(ため)に一曲を歌わん

請君爲我傾耳聴  (こ)う君我が為に耳を傾けて聴け

鐘鼓饌玉不足貴  鐘鼓(しょうこ)饌玉(せんぎょく)貴ぶに足らず

但願長醉不用醒  但だ願わくは長酔して醒(さ)むるを用いざるを

※岑夫子(岑先輩)、丹邱生(李白の親友の1人)、鐘鼓(鐘と太鼓、美しい音楽)、饌玉(玉のような美食)

古來聖賢皆寂寞  古来(こらい)聖賢(せいけん)寂寞(せきばく)

惟有飮者留其名  (た)だ飲む者のみ其の名を留むるを有り

陳王昔時宴平樂  陳王昔時(せきじ)平楽(へいらく)に宴し

斗酒十千恣歡謔  斗酒(としゅ)十千歓謔(かんぎゃく)を恣(ほしいまま)にす

※寂寞(ひっそりとして寂しい様)、陳王(魏の曹操の子・曹植)、平楽(平楽観という建物、洛陽にあった)、斗酒十千(一斗の酒が一万銭する高価な酒)、歓謔(喜び溢れる)

主人何爲言少銭  主人(しゅじん)何為(なんす)れど銭少なしと言わん

徑須沽取對君酌  (ただ)ちに須らく沽(か)い取ってに対して飲むべし

五花馬  千金裘  五花の馬 千金の裘(きゅう)

呼兒將出換美酒  (じ)を呼び将(ひ)き出して美酒に換(か)

與爾同銷萬古愁  (なんじ)と同(とも)に銷(け)さん万古の愁い

※主人(主席の主人、李白の意味)、君(岑夫子と丹邱生を指す)、五花馬(青と白との斑紋のある馬)、千金の裘(高価な皮衣)、万古の愁い(胸中につもる無限の愁い)

====================

66_059

|

« 蓮舫大臣の言語明瞭・意味不明(笑) | トップページ | TPP・・・問題は民主党政権の交渉能力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53297711

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫將進酒(李白):

« 蓮舫大臣の言語明瞭・意味不明(笑) | トップページ | TPP・・・問題は民主党政権の交渉能力 »