« もしユダヤとチャイナが手を結んだら・・・ | トップページ | 解散総選挙で信を問え! »

2011年11月24日 (木)

民主党政権の三文芝居(提案型政策仕分け)にウンザリ!

1321959396

◆財務省の「シナリオ」が見えるネ

今回の行政刷新会議(座長・野田佳彦総理)は、提案型政策仕分けと称して、4日間の『見世物興業』(三文芝居)を終えた。

「選挙が第一」「政治家の生活が第一」「民主党は頑張っているゾ」という民主党の魂胆は見える。

財務省が再びシナリオを書き、主演は蓮肪大臣他、民主党の議員さん達である。仕分け人で一番目立ったのは、提言を取りまとめた玉木雄一郎衆議院議員(写真上)であった。

玉木雄一郎氏は、財務省出身の民主党議員である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

F0cfe0ce11b4592bc3dc278576f69be7m

「カメラ目線を気にして!」蓮舫大臣から“演技指導”を受ける安住大臣

◆実行が伴わない「提言」なら誰でも出来る

「~すべきである」と言うのが提言の「まとめ方」であるが、責任(法的拘束力)を伴わない仕分けなら、誰にだってできる。しかも、その「提言」の内容は、既に言い尽くされた内容ばかりであった。

民主党政権の最大の問題は、“言った事を実行しない”ことである。(有言不実行)

提言だけなら、「国家戦略室」とかがやれば良いし、実行するなら、野田総理が「国会で発言する」か、「閣議決定」すれば良いだけの話である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

Img_8588

傍聴席の内田裕也さんはやはり目立つネェ

◆Rockn’Roll 内田裕也さん

「提案型政策仕分け」は、“実につまらない結末”になることは、始めから分っていたことなで私は、メディアの「報道」には、ほとんど興味が無かった。

しかし、その中で、Rockn’Rollの内田裕也さんの姿が、傍聴席で目についた。今回は、パフォーマンスは無しである。

蓮肪ちゃんがいたけどオレから「こんちは!」っていうのも変だからさあ、と遠慮がちに傍聴していたと言う。

今日は、どうでも良いような話題だった。スマン。

====================

67_003

千葉公園の近景

|

« もしユダヤとチャイナが手を結んだら・・・ | トップページ | 解散総選挙で信を問え! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53321678

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権の三文芝居(提案型政策仕分け)にウンザリ!:

« もしユダヤとチャイナが手を結んだら・・・ | トップページ | 解散総選挙で信を問え! »