« ≪漢詩鑑賞≫江頭に哀しむ 杜甫 | トップページ | 「何で首相出てこない」(石原都知事) »

2011年11月 8日 (火)

五箇条の御誓文

Imageca7yegxb

日本人の“誇り”とは何か?我国の“国柄”とは何か?それに・・・最近、議論の多い“国益”とは何か? 日本国の“進むべき道”は何か?その答えの全ては、次の『五ヶ条の御誓文』(明治元年3月14日)に示されている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

五ヶ条の御誓文

1、広く会議を興(おこ)し、万機(ばんjき)公論(こうろん)に決すべし

2、上下心を一にして、盛に経綸(けいりん)を行ふべし

3、官武(かんぶ)一途(いっと)庶民に至るまで、各其の志を遂げ、人心をして倦(う)まざらしめむことを要す

4、旧来の陋習(ろうしゅう)を破り、天地の公道(こうどう)に基くべし

5、智識を世界に求め、大いに皇基(こうき)を振起(しんき)すべし

我国未曾有の変革を為んとし、朕躬(み)を以て衆に先じ、天地神明に誓ひ、大(おおい)に斯(この)国是を定め、万民保全の道を立(たて)んとす。衆亦(また)(この)旨趣(ししゅ)に基き協心努力せよ。

明治元年戊辰3月14日

======================

◆日本国の進むべき道?

例えば、TPP反対派の中には「米国の黒幕」=グローバリストの陰謀なる論調が蔓延している。

グローバリストとは、ここではユダヤ人を暗示していて、陰謀論の多くは面白いが、世界の政治経済の“現状分析”としては<幼稚>である。

TPPに賛成か?反対かの議論でも、これらの“外的要因”を強調することよりも、「誇るべき文化伝統を持つ」日本国としてどうするか?の議論(内的要因)を重視するべきである。

その意味で、私は、民主党政権下での、駆け込みTPP参加には、反対である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆米国の黒幕≪陰謀説≫?

世界を陰で操ろうと目論む人々がいる陰謀論は、これを認めるだけで「不愉快な社会的現象を説明」できてしまい、多くの人々を惹きつける。

また世間から隠された事実があるとするオカルト的考えも、人々にそれを知っているという優越感をくすぐる。

しかしながら、このようなことを考えるとき、ナチス・ドイツがロスチャイルドをはじめとしたユダヤ陰謀論を受け入れ、政権維持や宣伝に積極的に利用し、ホロコーストへとつながっていった歴史を考慮するべきだろう。

(ウィキぺディア『ロスチャイルド家』より)

Rotschilds_arms

=====================

|

« ≪漢詩鑑賞≫江頭に哀しむ 杜甫 | トップページ | 「何で首相出てこない」(石原都知事) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/53193370

この記事へのトラックバック一覧です: 五箇条の御誓文:

« ≪漢詩鑑賞≫江頭に哀しむ 杜甫 | トップページ | 「何で首相出てこない」(石原都知事) »