« 《映画鑑賞》はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | 拉致されて34年、横田めぐみさんの救出を! »

2011年10月 5日 (水)

野田佳彦総理のブレ・・・カッコ悪すぎ!

Imageca6ekdme

◆“らしくない”野田総理のパフォーマンス

自民党などの野党やマスコミの批判を浴びていた朝霞の国家公務員宿舎は、野田総理の「現場視察」の結果“凍結”となった。

凍結を決める前に「現場視察」とは、一応“格好をつけるため”の儀式でしかなく、野田総理には全く“相応しくない”パフォーマンスだった。

総理大臣として、カッコ悪いだけである。

安住財務大臣の説明会見も、腰が定まらない軽いものだった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆国民の“人気”が第一

もともと、この公務員宿舎は民主党政権の事業仕分けチームが“凍結”にしたものだが、野田総理が財務大臣時代に、解凍して「建設を承認」した。

財務省役人の言いなりだったのだろう。

官僚には“小突きまわされ”、マスコミには“叩かれ”、それでも「国民の“人気”が第一」と平身低頭の「安全運転」に没頭する野田総理は哀れである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆解散して信を問え!

野田総理が、こんなにもブレるのは、政権基盤が弱いためである。与党・民主党がもはや、政党の体をなしていないためである。

政治主導とは言いながら、政治判断が出来なくなった哀れな野田民主党政権の実態を示している。

結局、一度自分が決めたことを自分で“撤回”した。総理大臣として、カッコ悪過ぎ!

はやく、解散して下さい!

==================

|

« 《映画鑑賞》はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | 拉致されて34年、横田めぐみさんの救出を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52912976

この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦総理のブレ・・・カッコ悪すぎ!:

« 《映画鑑賞》はやぶさ/HAYABUSA | トップページ | 拉致されて34年、横田めぐみさんの救出を! »