« 9.11(同時テロ)から10年 | トップページ | NHK白熱教室(草野厚教授)は酷かった »

2011年9月11日 (日)

《漢詩鑑賞》鹿柴(ろくさい) 王維

0

鹿柴(ろくさい) 王維

空山不見人  空山(くうざん)人を見ず

但聞人語響  但だ人語(じんご)の響きを聞く

返景入深林  返景(へんけい)深林に入り

復照靑苔上  復た照らす青苔(せいたい)の上

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

鹿柴(ろくさい)とは、輞川(もうせん)二十景の一つ。作者の王維(盛唐の詩人)は優れた詩をつくり、画にも書にも、さらに音楽にも多彩な才能にも恵まれていた。

前半二句は「空山不見人」「但聞人語響」によって、見事なまでに静寂さが強調されている。後半二句は深林の中で、偶然見せる夕日の赤と苔の緑が印象的である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

シーンとした山(空山)に、人の姿は見えない

ただ人の言葉の響きだけが聞こえる

夕日の光(返景)が深い林の中にさしこんできて

木々の根もとの苔(こけ)を青々と照らし出す

======================

0603luchai

|

« 9.11(同時テロ)から10年 | トップページ | NHK白熱教室(草野厚教授)は酷かった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52704330

この記事へのトラックバック一覧です: 《漢詩鑑賞》鹿柴(ろくさい) 王維:

« 9.11(同時テロ)から10年 | トップページ | NHK白熱教室(草野厚教授)は酷かった »