« 《漢詩鑑賞》鹿柴(ろくさい) 王維 | トップページ | 後任に枝野幸男とはねえ・・ »

2011年9月12日 (月)

NHK白熱教室(草野厚教授)は酷かった

Pk2007052602119334_size0

◆酷い偏向教育番組

昨日の事ですが、偶然にNHK教育テレビの番組を見た。

内容は、慶應義塾大学の学生と、中国・韓国の留学生を相手に、草野厚教授が討論をリードする『白熱教室』という名の番組である。

一言で言えば、酷い内容であった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆韓流ブームの中で

番組のテーマは、“日中・日韓関係”についてであった。

驚いたのは、特に日韓関係での討論である。

この草野厚氏は、韓流ブームの中・・・「80%の日本人は、韓国に好意を持っている」というアンケート結果を示しながら、日韓関係は「“過去”を忘れず、“未来”志向で行こう」と協調していた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆自虐史観の極み

草野厚氏の「日韓関係」で言う“過去”とは、「日本による侵略の歴史」という事実とは反するモノである。

朝鮮は、中国の属国として1000年にわたって虐げられてきた。日韓併合以前の朝鮮は、余りにも悲惨な状況で、朝鮮の近代化は日本の支援無くしてありえなかったのである。

この事実を無視した草野厚氏の“過去”とは、(一方的に日本だけが悪いという)自虐史観の極みである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆韓国に永遠に謝罪し、媚び諂うのか!

草野厚氏の「日韓関係」で言う“未来”志向とは、韓国人と(時間をかけて)友人になることであると強調する。

つまり、草野厚氏の“未来”とは、韓国に謝罪し、媚びへつらう事である。

草野厚氏は、「韓国は大切な国だ」と、強調する。

だから、韓国人の「プライドを傷つけてはならぬ」と韓国側に配慮して、領土問題(「竹島」)での日本側の「過度なナショナリズム」をけん制する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“拉致”は日本の国家主権の侵害である

草野厚氏は「(北朝鮮の拉致問題の解決のためには)韓国の協力を求めなければならない」と言い。

だから「韓国は大切な国だ」「韓国人のプライドを傷つけてはならない」と、まとめる。

日本の学生が、「(この際)竹島は日本の領土だという主張は、差し控えるべきではないか」「韓国に(友好の印として)献上してもよいのではないか」というトンデモナイ発言にも、草野厚氏は、(笑って聞いているだけで)何一つ指摘もしない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「問答無用」の言い方

韓国の学生は、「独島(日本名:竹島)は、韓国の領土である」「国際司法裁判所に提訴すべきではない」「韓国領土であることは議論の余地は無い」と主張した。

この「洗脳された発言」にも、草野厚氏は、ただうなずいて聞いているだけであった。

韓国の学生が「独島(日本名:竹島)は韓国の領土である」と何を根拠に言っているのかは、一切、説明は無い。

討論をリードする側の草野厚氏も、「竹島は日本の領土である」という事の、説明は一切せず(それよりも)「過去を忘れず、未来志向で行こう」と言うだけだった。

これでは、「白熱教室」ではない。

まったく酷い内容であった。

====================

|

« 《漢詩鑑賞》鹿柴(ろくさい) 王維 | トップページ | 後任に枝野幸男とはねえ・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この番組・・・。
私も少しの間ですが視ていました・・・。
(気分が悪くなりやめましたが・・)
このような番組を作成するNHKに
視聴料金を徴収されるのは苦痛です。
まるで税金の様・・。
年金もですが・・・。
精算していただきたいです。

投稿: moon | 2011年9月13日 (火) 14時48分

同感です。
受信料払って韓国に洗脳されるなんて気持ち悪いので消しました。
編集なのか教授の考えなのか…

投稿: 中秋 | 2011年9月13日 (火) 15時14分

さきほど再放送だったようで、偶然観てしまって・・・。あまりの酷さにネットで調べていたら、こちらのサイトに辿りつきました。

いやはや、ずっとツッコミまくりで自分が疲れてしまいました。

こんなのが歴史の教授?では、どんどん日本に馬鹿ばかり増えてしまいます。

正しい、真実の毅然とした日本人の歴史を
教えられる先生が日本にいるのでしょうか?

この番組は「白熱教室」ではなく

「白痴教室」と題名を変えたほうがいいでしょう。

投稿: キム | 2011年9月18日 (日) 01時31分

はじめまして。

私もこの番組を見て教授の話辺りから気分が悪くなり、
この草野教授とやらは何者?とググッたところこちらへお邪魔させていただきました。

日本の残虐行為を語るなら、日本が受けた被害も語るべきだし、善行も語るべきだと思います。
こんな偏向的な内容では、聞き手が自分の「考え」を持たない人であれば、危険きわまりなく洗脳になりかねないですよ。
今もまだこういう自虐史観の持ち主が教え手であるのが驚きです。

それにしても10数年前自虐史観が当然だった頃に比べ、学生たちの反応は多様になってきてますね。
親近感を持てないとはっきりと言える時代になったんだと思いましたし、
親近感を持つと答えた4人の中でも2人は韓国“にも”理解的な人であり、
最初のひとりは韓流ブームの終焉とともに韓国への興味もなくすでしょう。
一番最後の学生はプロ市民(もう既に?)への道を行くのでしょうか?
話し方、話の内容が、知り合いの左翼活動家にそっくりです。

投稿: うさこう | 2011年9月18日 (日) 10時56分

この教授の発言等々は、福沢諭吉もビックリな内容でしたね。慶応も落ちたな。

投稿: | 2011年9月23日 (金) 03時06分

TVなので授業内容は数回分が編集されてると考えて当然じゃないですか。教授のレベルでは無くて、前後の文脈が読み取れないNHKの編集レベルが低いだけだとおもいますが。

投稿: あ | 2011年10月 2日 (日) 01時07分

メディアリテラシーの低さがうかがえますね

投稿: | 2011年10月 2日 (日) 01時09分

私も最初の2回を見てやめました。
慶応湘南藤沢に通う学生の討論や知識のレベルが
これでは日本の未来も暗いと絶望しそうでした。
あのような内容は高校までのホームルームや
生徒会で経験しておくことではないかと思いました。
大学生になってなぜあんな役に立たない議論を
しているのかと思いました。

そんな生徒たちに「あなたの考え方だとそうなのかもしれないけど、
こういう考え方だったらどう答える?」と
投げかけて、生徒が答えに窮するようにできれば
多少なりとも生徒にプラスになるようにも
思ったのですが、それすらできないとは
教師のレベルも知れてるのだなと思いましたね。

投稿: | 2011年10月11日 (火) 17時59分

私は慶応OBですが、少子化、ゆとり教育のせいかわかりませんが、学生のレベルが低かったですね。

もう少し事実認識を踏まえた議論ができないと。。。

あの年で先生の言うことを素直にふんふん受け入れるくだらない授業になってましたからね。

投稿: ボル | 2011年10月23日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52713394

この記事へのトラックバック一覧です: NHK白熱教室(草野厚教授)は酷かった:

« 《漢詩鑑賞》鹿柴(ろくさい) 王維 | トップページ | 後任に枝野幸男とはねえ・・ »