« 総じて、政府民主党は“慎重論”に陥りやすい | トップページ | 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 »

2011年9月26日 (月)

野田総理の“仕事”とは、解散=総選挙である!

20100331_4bb32ddb73354

◆衆議院予算委員会が始まる

野田内閣がスタートして、3週間が経過した。今日から、衆議院予算委員会が始まっている。

午前中は、与党側(民主党・国民新党)の質疑時間なので、(ヤジも少なく)質問に対して、野田総理は、低姿勢で・・・淡々と答えていた。

(午後からの、自民党の質疑に期待したい)

尚、明日(9月27日)は、午前10時から、石破茂~齋藤健~小泉進次郎のラインアップが予定されているので期待している。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆野田内閣の「安全運転」

野田総理は、閣僚に対して次の「安全運転」3原則を指示したという。

①余計なことは言わない

②派手なことをしない

③突出しない

今のところ、野田内閣は「安全運転」を守っているようである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安全運転=何もしない事

ハッキリ言えば、「安全運転」とは“何もしない事”である。

「安全運転」とか、「党内融和」とかいう事は、民主党盲信者は例外だが・・・国民は誰も求めていない。

民主党と言う政党は、党綱領も無く(外国人でも党員になれるような)、思想信条が全く違う“寄せ集め”の政治家(政治屋)集団である。

野田民主党政権は、自民党とは政策一致できても、党内では政策をまとめ上げることは不可能である。

残念ながら、当分は野田内閣の安全運転=何もしない事が続くだろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党をぶっ壊せ!

何かしようとすれば、党内抗争が始まる。

TPP、普天間、消費税、公務員改革・・・どれ一つとっても党内抗争の“火種”である。

『党綱領』が無く、外国人でも党員になれる民主党と言う政党は、単なる選挙互助会組織である。

野田総理に、期待したいのは、民主党内の「売国勢力」を一掃することである。

野田総理よ!民主党をぶっ壊せ!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆四つの価値観

最近、保守政治家としての“野田色”が少しずつ出てきたようである。

つまり、日米同盟の深化と、価値観外交である。

これは、鳩山由紀夫・菅直人よりもむしろ、自民党の安倍晋三・麻生太郎時代の価値観外交(四つの価値観・・・自由主義・民主主義・法治主義・人権)に近い。

日米同盟と価値観外交は・・・与野党を問わず「我が国の基本政策理念」として共有すべきである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆年内に、解散して信を問うべき

しかし、実際には、民主党内には「売国議員」が多数を占める。

野田総理がすべきことは、これら「売国議員」を一掃することである。一掃するには、解散総選挙をすることである。

3週間が経過したが、いつまでもノロノロと「安全運転」をする日本政府を、米国も、我が国民も待ってはいない。

安全運転=何もしない事である。野田内閣のすべき“仕事”とは、TPP、普天間、消費税、公務員改革などの諸課題について“方針”を示すことであり、そのうえで・・・

野田総理の唯一の“仕事”とは、解散して信を問う事である!

======================

|

« 総じて、政府民主党は“慎重論”に陥りやすい | トップページ | 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52836210

この記事へのトラックバック一覧です: 野田総理の“仕事”とは、解散=総選挙である!:

« 総じて、政府民主党は“慎重論”に陥りやすい | トップページ | 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 »