« ご破算で願いましては | トップページ | 9.11(同時テロ)から10年 »

2011年9月10日 (土)

度し難い(閣僚の)発言の軽さ

内閣支持率は、何もしないのにV字回復した。これは、選挙という選択肢が、政権与党・民主党によって“封じられ”ているためである。それ故・・・「野田内閣に期待するしかない」国民の切実な気持ちを表している。私は、野田佳彦総理には期待したが、(困った事に・・・)野田(シロウト)内閣は早くも学級崩壊のような状態である。

================

52_002

●みのもんた「野田内閣は、(問題発言が多く)大丈夫ですかネエ・・・」

●田丸美寿々「(ガタガタ言わないで)期待するしかないでしょう・・・」

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

S0011347949

◆「死の町」“発言”

今朝の、TBS『みのもんたサタズバ』を観ていたら、鉢呂経産大臣の“発言”が批判の的になっていた。

大臣は被災地を視察して、「死の町」と発言した事で、批判されていた。

廃墟と化した街を見て、鉢呂大臣は思わず「死の町」と言ってしまったのである。

「正直な感想」であっても、大臣であることを忘れた・・・不用意な“発言”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆大臣の自覚がない!

鉢呂大臣ばかりでない・・・。

小宮山厚労相が、「タバコ増税」発言で安住財務相と“内輪喧嘩したり、「私は素人」発言の一川防衛相だったりと他にも、大臣「発言」の軽さが目につく。

大臣の仕事とは何か?

大臣の仕事とは、(例えば)復興・復旧のための“対策”を立て行政組織を動かし、政索を実行することである。

評論家の様な「個人的見解」「感想」を述べる事ではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆悪ふざけもいい加減にしろ!

鉢呂経産相は、記者に対して「放射能をウツスゾ!」と悪ふざけしたそうだ。

悪ふざけをしている場合か!

「死の町」発言と言い、この悪ふざけと言い・・・このバカ大臣、即刻辞めるべきである!

「死の町」発言というのは、何故、「不用意なのか?」このバカ大臣、(本当は)何も分かっていないのではないか?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ダメならダメとハッキリ言って・・・

被災地住民のイライラは募るばかりである。

被災地住民の声に、実は「死の町」発言の“問題の核心”があると考える。

「(政府は)ダメならダメと、ハッキリ言って欲しい」という正直な被災地住民の声・・・。これが“問題の核心”であると私は考える。

「福島の復旧・復興なくして日本の復旧・復興はない」というのなら、少なくとも“復旧・復興”のメドくらいは(正直に)示すべきだ。

========================

|

« ご破算で願いましては | トップページ | 9.11(同時テロ)から10年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52692139

この記事へのトラックバック一覧です: 度し難い(閣僚の)発言の軽さ:

« ご破算で願いましては | トップページ | 9.11(同時テロ)から10年 »