« 解散=政治空白なのか? | トップページ | 大江健三郎「抵抗する意思」の偽善【続】 »

2011年9月20日 (火)

大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善

Dff473d24059d4e5b40d89a2a6f58140 8ae386

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「さようなら原発」という名の集会

福島第1原発事故の事故を受け、“日本国内すべての原発の廃炉を訴える”(さようなら原発)集会が、昨日(9月19日)都内の明治公園で開かれた。

作家の大江健三郎は、「私たちに何が出来るか。民主主義の集会、市民のデモしかない。しっかりやりましょう」と自分の書いた原稿を読み上げた。

さらに、「原子力エネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴う」と指摘し、原発の存続へ危機感を表し、「私たちはそれに抵抗する意思をもっている」と訴えた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆抵抗する意思

「抵抗する意思」とは、如何にも作家・大江健三郎らしい表現である。

「抵抗する意思」とは大江健三郎の作家としての原点であろう。

若いころ読んだ記憶がある大江健三郎の初期の小説・・・例えば、『飼育』だったと思うが、日本を占領した(異様な)米軍兵士に対する屈折した感情は、「抵抗する意思」に通じる。

昭和22年生まれの私にとっては、大江健三郎は優れた≪作家≫である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「原発反対」「原発反対」

昨日の「さようなら原発」の集会は、主催者発表では、参加者は約6万人だった。(主催者の喜ぶ姿が見えるようだ)

この集会は、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)などが中心になって「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」を結成して開催されたものである。

参加者は、デモで「原発反対」と叫ぶが、この風景・・・まるで昔、学生たちが何の疑問も無く「安保反対」と念仏のように叫んでいた事を思い浮かべる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆作家(=政治的素人)としての“甘え”

集会では、俳優の山本太郎君が「世界中に迷惑がかかる原子力は要らない」「原発反対、子どもを守れ」と声を上げた。

政治家以外の例えば、作家や俳優などが、政治的な発言をすることを否定しない。

しかし、もしそのような発言をするのであれば、「政治的素人」という鎧を脱ぎ棄てるべきである。

大江健三郎が作家として「抵抗する意思」と表現するのは、自由であるが、現にある原発の安全をどう確保するか、日本の産業経済はどうするか?といった言及はない。

それでは、作家の“ぬるま湯”に浸りながらの“甘え”でしかないのである。

=====================

「子ども守れ」(山本太郎)、「抵抗する意思」(大江健三郎)などというセリフは、「政治的発言」ではない。

政治素人の鎧を着た、全くの偽善であり、欺瞞である。

|

« 解散=政治空白なのか? | トップページ | 大江健三郎「抵抗する意思」の偽善【続】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

原発反対・・・そうですね。
他に電気を大量に国内で安定供給できる手段があるというなら・・・
そして周辺国が核兵器を所持し日本を射程圏に入れている状況で、
抑止力としての核技術を必要としないなら・・・。
小学生2人を持つ私も原発反対!!と叫びたい・・・。

投稿: moon | 2011年9月20日 (火) 15時02分

原発の地元に住んで放射能の中でも家族や親と生活できる人なら原発賛成と言え。日本の産業が大変だとか安定的な電気の供給に影響があるなんて原発を容認する材料にはならない。人間が生きていけない環境のほうがはるかに問題で比較をする事も出来ない。ましたや原発の安全性やコストも全て誤魔化しだった事が分った今原発を認める人は余程原発からお金を頂いている人位でしょう。

投稿: | 2011年10月 9日 (日) 18時00分

大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善: 大窪由郎の ...
yoshiro.tea-nifty.com/yoshiroteaniftycom/2011/09/post-9659.html‎
2011/09/20 - 政治素人の鎧を着た、全くの偽善であり、欺瞞である。 ... 政界再編(過去・現在・未来)(2014.01.22); 安倍政権下で“田母神都知事”誕生なら、日本は鬼に金棒だ(2014.01.21); 名護市長選、末松候補(自民推薦)の敗因分析(2014.01.20) ...

投稿: | 2014年1月25日 (土) 15時41分

偶々早起きして、テレビを付けたら浜矩子が出てた。確か1ドル50円と話題になった人。言ってることが、1つも当らないのに
まだ使う局があることに、驚いた。
容貌をとやかく言うつもりは無いが、性格が
顔にもろ出てて、唾でも吐き掛けたい。公衆の面前に2度と出て来るなとテレビを切った
大江健三郎は、日本人の恥。ノーベル賞の
品格落とし。

投稿: | 2014年6月 9日 (月) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52781891

この記事へのトラックバック一覧です: 大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善:

« 解散=政治空白なのか? | トップページ | 大江健三郎「抵抗する意思」の偽善【続】 »