« ≪漢詩鑑賞≫白頭を悲しむ翁に代る(劉希夷) | トップページ | 外国人から政治献金を受ける事は何故悪いのか? »

2011年9月 5日 (月)

小沢復権への「露払い内閣」

9903d83f8ac1552d96362a32f9b8e760

◆内閣支持率がV字回復(?)

2度あることは3度ある。鳩山内閣も菅内閣も、高い支持率でスタートした。しかし、ハネムーン期間が過ぎると、いずれも支持率は急落した。2度あることは3度あるということになる。

まずは、内閣支持率がV字回復した野田内閣は「挙党一致」で(この国難に)船出したように見える。

三度目の正直か?それとも2度あることは3度あることになるのか?(同じ民主党政権下では)2度あることは3度あることになるのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆だが「不適材不適所」内閣である

野田内閣の仕事ぶりを見定めるしかないが、3度目の野田内閣に与えられたハネムーン期間は短い。

しかも、野田丸に乗り込んだ閣僚17人衆は、「荒海ははじめて・・・」という経験も覚悟もない素人集団。

<売国政治家>山岡賢次国家公安委員長・消費者・拉致担当大臣のような、典型的な“不適材不適所”人事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆小沢一郎が支える“ドジョウ野田内閣”

この国難に誠に、心許無い。

取りあえず、野田総理の健闘を祈るが、(安住淳)財務大臣と、(藤村修)内閣官房長官の職、それに(一川保夫)防衛大臣の職を事実上野田総理が指揮し兼務しなければならない状況だ。

しかし、この心許無い野田内閣を、一番支えているのが他ならぬ小沢一郎なのである。何故なのか?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「反自民」で結束するしかない民主党

小沢一郎との距離が一番遠く、小沢一郎に媚びていないのが、「野田佳彦候補」だと想われていた。しかし、実際は違っていた。元総理細川護熙氏の仲介で、3人は密かに会っていたのである。

民主党が“挙党一致”するためには、「(仮想敵)自民党だけには、絶対に政権を渡さない」という「反自民」を訴えるのが一番効果的である。

細川護熙氏は、弟分の野田氏にアドバイスし、「反自民」の立場で「党内融和」することを小沢一郎の心情に訴えた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆小沢一郎の“布石”

18人の閣僚が決まった。岡田克也前幹事長は、閣僚入りを固辞して逃げた。今、この心許無い野田内閣をバックアップしているのが、小沢一郎である。

何故、小沢は野田内閣をバックアップするのか?

①「反小沢派」の野田をバックアップすることによって、「党内融和」を演出し、小沢氏自身の「懐の深さ」を示し、党内の小沢アレルギーを緩和させる。

②野田内閣が行なう事は、福島原発の処理と、大震災に伴う三次補正の二つで、それだけで、野田内閣の役割は十分だ。

③本格的な、小沢政治「マニフェストの実施」は来年9月以降で、野田内閣は小沢一郎にとって“露払い内閣”でしかない。

④輿石東を幹事長に据えたことは、小沢も許可した。(1)当分、解散総選挙はないという意思表示、(2)しかし、イザという時に「党の選挙資金を握る」という。

小沢一郎の“見事”な布石である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆追記

野田新総理への『外国人献金』が明らかになった。一応、3年の「時効」が過ぎているから罪に問えない(政治資金規正法)とのことである。

しかし、政治家にとって「政治資金規正法」違反と言えば、重大な犯罪行為である。(時効とは言え)一般人が「窃盗の罪を犯す」くらいに匹敵する。

後日、『外国人献金』問題について、詳しく述べたい。

(今日は、この辺で・・・)

=====================

|

« ≪漢詩鑑賞≫白頭を悲しむ翁に代る(劉希夷) | トップページ | 外国人から政治献金を受ける事は何故悪いのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52652827

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢復権への「露払い内閣」:

« ≪漢詩鑑賞≫白頭を悲しむ翁に代る(劉希夷) | トップページ | 外国人から政治献金を受ける事は何故悪いのか? »