« 大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善 | トップページ | GGの一日 »

2011年9月21日 (水)

大江健三郎「抵抗する意思」の偽善【続】

20110907dd0phj000041000p_size5 401893_c450

◆昨日の続きを書く

「さようなら原発集会」で呼びかけ人の顔ぶれを見ると、作家の大江健三郎、落合恵子、経済評論家の内橋克人などのシロウトばかりである。

政治家(政党役員)も、原子力の専門家(科学技術者)も、集会やデモの表面には居ない。

俳優の山本太郎君が、気軽に若いママさん達の「記念撮影」に応じて、人寄せパンダの役割を果たしていた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆平和なデモ

ニュース映像で見る海外での“流血デモ”に比べて(厳しさは無く)、何とも平和でのどかなデモの風景である。

まるでお祭りのようである。(楽しんでいるようで、結構なことだ)

このお祭りの“メイン”は、何と言っても“ノーベル賞作家”という肩書をもつ大江健三郎だろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆大江健三郎の偽善と甘え

昨日、私は、大江健三郎「抵抗する意思」の偽善と甘えについて書いた。

しかし、いつもの私の「政治ブログ」のように、大江健三郎の「政治的メッセージ」に対する批判をスンナリ書けないのである。

「政治メッセージ」を読みあげている大江健三郎の姿は、あくまで作家としか映らない。

しかも、そこに立っているのは「暫くぶりの親戚の叔父さん」のように少しばかり“懐かしい”老作家の姿でしかないのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆作家;石原慎太郎の場合

では、同じ作家と言えば、石原慎太郎(現・東京都知事)についてはどうか?

若いころ、石原慎太郎の小説『太陽の季節』を読んで衝撃を受けた事を思い出す。

石原慎太郎の場合、その「政治メッセージ」はあくまで作家としてではなく、政治家・石原慎太郎として見られる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆政治家の「文学的」表現と、作家の「政治的」発言の違い

東日本大震災の惨状を石原慎太郎都知事は「天罰」と表現して、世間の非難を浴びたことは記憶に新しい。

世間は、石原慎太郎を「作家」としてでなく・・・「政治家」と見做しているからこそ非難した。

鉢呂(前)大臣の「死の町」発言も然りである。

政治家の「文学的」表現は、「被災地の人々の心を傷つけた」として許されないが、作家の「政治的」発言は、何を言っても許されるのだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「抵抗する意思」とは、「政治的メッセージ」ではない

大江健三郎は、東大仏文出身の“ノーベル文学賞”を得た著名な作家であることには間違いない。

文学以外での大江健三郎の特長といえば、単純な平和主義者で、『沖縄ノート』にあるように自虐史観に貫かれている。

『沖縄ノ―ト』には、出版社として、机の上で“フィクション”を書き、事実と違っても訂正しない作家としての傲慢さがある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆作家:大江健三郎は、(政治的)偽善者である

原水爆禁止国民会議(原水禁)が主導した「さとうなら原発集会」は、「原発」と「原水爆」をごった混ぜにして、「反核」で単純にイコールで結んでいる。

大江健三郎は「原子力は荒廃と犠牲を伴う」「私らは原発に抵抗する意思をもっている」と、何の例証も躊躇(ためら)いもなく読み上げる。

その主張は、“原子力の「安全」への努力”を全否定した・・・極めて、非科学的で、非論理的である。

作家が「政治的メッセージ」を発する場合、(政治家でなくとも)それなりの“覚悟”が必要だが、大江健三郎には、“作家と言う鎧で防備”した甘えしかない映らないのだ。

====================

|

« 大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善 | トップページ | GGの一日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ロイターやロス茶の手先。ノーベル賞は日本人を洗脳するためにできたもの。そういった基礎的かつ世界的な視野でみると、大江は失格文学者。司馬遼太郎のほうがよっぽど人々に浸透している。とのかくきのうの専門家は要らないあすの専門家としての文学者としては司馬が圧倒している。

投稿: 大同武者 | 2011年12月16日 (金) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52789462

この記事へのトラックバック一覧です: 大江健三郎「抵抗する意思」の偽善【続】:

« 大江健三郎「抵抗する意思」(於:さよなら原発集会)の偽善 | トップページ | GGの一日 »