« 民主党政調会長・前原誠司の“正体” | トップページ | 《漢詩鑑賞》 月下獨酌 李白 »

2011年9月15日 (木)

臨時国会、4日間で閉じるなら解散を!

100805_noda_jpg 9abd0_97_n0035226_lm

◆人柄は誠実そう・・・?

正直に言うと、野田佳彦氏が民主党代表(=総理大臣)に選ばれたときは、(日頃は、自民党支持者の私でも)少しは期待した。

そして「頑張れ!野田佳彦さん」と、私はブログにも書いた。

野田さんなら人柄が誠実そうで・・・「友愛政治」「政治主導」などと言って国民を欺いた元総理・鳩山由紀夫や前総理・菅直人とは訳が違う。

しかし、今は残念ながら期待外れです。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆でも、すぐに「期待外れ」と悟った・・・

菅政権末期の頃は、与野党ともに「Everybody but Kan!(菅以外なら誰でもいい)」と言っていた。

「菅直人は詐欺師」(鳩山由紀夫談)であるから、もはや信頼に値しない。

野田佳彦さんが、総理大臣に選ばれた時、野党の自民党も含めて誰もが、「これで与野党協力して復興対策が前進する」と期待したはずだ。

しかし、党役員人事、閣僚名簿を見て、すぐに期待外れだと悟った。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆4日間の会期とは、唖然とする・・・

ダメ押しはこれだ。臨時国会はたった4日間という、民主党国対のゴリ押しで、明日閉会となる。

唖然とするばかりだ。

何の事は無い・・・、「不完全内閣だから」(国対)「国会を長くやると内閣が持たない」(幹事長)というのが民主党のホンネである。

いくらなんでも4日間はないだろう、最初は、冗談だろうと思っていた。「4日間」というのは野党との国会対策上の“駆け引き”とばかり思っていたが、民主党国対は冗談ではなく本気だった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“正気”を失っているのではないか?

短期国会の中で、野田総理の所信表明演説と、自民党谷垣総裁の議論を聞いていたが、噛み合っていない。

野田総理は平身低頭、ただ逃げ回るだけであった。

正心誠意だとか、懸命の努力だとか、いくら美辞麗句を並べてもこれでは期待外れもいいところだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆自民党批判だけは常に忘れないマスコミ・メディア

それでも、マスコミ・メディアは、「自民党も批判ばかりせずに与野党協力すべき」云々と、「民主党をお守りせよ」の主張を繰り返す。

某女性コメンテーターは、「(自民党の)あの野次・・・何とかならないものですか」と言って、自民党を批判する。

民主党を批判する時も、「これでは(今までの)自民党と同じ」と自民党を持ちだすのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆政治空白など心配ない!年内解散総選を!

何故、民主党政権は臨時国会は4日間だけにこだわったのか?

シロウト閣僚ばかりでも、予算作りなど実際の仕事は官僚がやる。国会閉会して居ても、せっせと優秀な官僚が仕事をする。

官僚からすれば、閣僚とは「言った通り答弁し」「ハンコ押すだけが仕事だから」、長々と国会をやる必要は無いのである。

======================

Img_41691

野田民主党政権は、4日間で国会を閉じ、次の国会は10月中旬ということらしい。

そんなに国会を閉じたいなら、自民党の言う通り『第三次補正成立後、解散しろ』と、私は言いたい。

第三次補正は10日間も集中審議すれば、済む話。(解散総選挙をする)時間はタップリあるではないか!

|

« 民主党政調会長・前原誠司の“正体” | トップページ | 《漢詩鑑賞》 月下獨酌 李白 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

その通り!!!!!

投稿: moon | 2011年9月15日 (木) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52734113

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時国会、4日間で閉じるなら解散を!:

« 民主党政調会長・前原誠司の“正体” | トップページ | 《漢詩鑑賞》 月下獨酌 李白 »