« 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 | トップページ | 獅子身中の虫~山岡賢次大臣の事! »

2011年9月28日 (水)

《漢詩鑑賞》零丁洋を過ぐ(文天祥) 七言律詩

Imgd11ccf93zik5zj

◆状元宰相と呼ばれた

作者の文天祥(ぶんてんしょう)は、南宋末期を代表する官僚だった。彼は、20歳の時に状元(主席)で進士に及第し、後に宰相になったので「状元宰相」と呼ばれた。

1275年、元の軍が侵入した時、彼は“勤王軍募”の詔に応じて馳せ参じ、右丞相(宰相)に任ぜられた。

講話の為に元の丞相・伯顔(パキン)と会見したが、口論して捕らえられた。その直後、宋は降伏した。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆文天祥は忠誠の士

彼は、護送される途中脱走し、宋の回復を計ったが、再び元軍に捕らえられ、大都(北京)に護送、土牢に幽閉された。

元の世祖は彼の才を惜しみ、帰順させようとしたが、彼は応ぜず獄中3年の後、刑死した。

宋朝随一の忠誠の士として、後世に尊敬されているのである。

20091204w020040520472158283235

=====================

過零丁洋(零丁洋を過ぐ) 文天祥

この詩は、“投降の要請”に応じなかった文天祥が、零丁洋(広東省珠江の河口の海)、皇恐灘(江西省にある十八難)という地名にちなみ、自己の心情に結び付けてつくったもので、投降を勧めた敵将・張弘範も笑って許したという。

辛苦遭逢起一經  辛苦遭逢(しんくそうほう)一経より起る

干戈落落四周星  干戈(かんか)落落たり四周星

救国の苦心惨憺(辛苦遭逢)は、そもそも経書(けいしょ)を読んで進士に及第してからの事。干(たて)と戈(ほこ)とを取って戦闘するもままならぬ4年間。

山河破碎風抛挐  山河破碎して風挐(じょ)を抛(なげう)ち

身世飄搖雨打萍  身世飄搖(ひょうよう)雨萍(へい)を打つ

山河は荒れはて、柳挐(りゅうじょ)が風に舞うよう。我が身はさすらい(=飄搖)、雨が浮き草(=萍)を打つよう。

皇恐灘頭説皇恐  皇恐灘(こうきょうたん)皇恐を説き

零丁洋裏歎零丁  零丁洋(れいていよう)裏零丁を嘆ず

さきに皇恐灘のほとりでは、国家滅亡の罪を恐れて説き、いまは零丁洋のうえで、身の零落(れいらく=孤独で落ちぶれる<零丁>)を嘆くばかり。

人生自古誰無死  人生古(いにしえ)より誰か死無からん

留取丹心照汗靑  丹心(たんしん)を留取して汗青を照さん

人生は昔よりだれか死なないものなどあろうか。どうせ死ぬこの身なら、この忠誠の赤心(=丹心)を留め残し(=留取)、史上に輝かしたい(=汗青)ものである。

※汗青(かんせい) 史書を指す。昔、竹簡を火であぶり汗を出し、その上に文字を書いたのでいう。

=======================

|

« 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 | トップページ | 獅子身中の虫~山岡賢次大臣の事! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52851873

この記事へのトラックバック一覧です: 《漢詩鑑賞》零丁洋を過ぐ(文天祥) 七言律詩:

« 小沢一郎陸山会事件"天の声”に有罪 | トップページ | 獅子身中の虫~山岡賢次大臣の事! »