« GGの一日 | トップページ | 野田佳彦総理の外交 »

2011年9月23日 (金)

≪返信≫ 杜甫の漢詩(絶句)について

250pxdufu

◆返信

篠順様、昨日は当ブログ『漢詩鑑賞』にご訪問いただき、またコメントいただき有難うございます。

お尋ねの杜甫の漢詩(絶句)は、次のような内容かと思いますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

絶句  杜甫

鑿井交棕葉  井を鑿(うが)てば棕葉(そうよう)交る

開渠斷竹根  渠(きょ)を開けば竹根(ちくこん)断ゆ

※井戸を掘れば、茶褐色の棕櫚(シュロ)の葉が交り、人工水路(渠)を開けば竹の根を断つことがある

扇舟輕裊纜  扇舟軽くして纜(ともづな)裊(しな)やかに

小徑曲通村  小径曲りて村に通ず

※小さな舟(扇舟)の軽い纜(ともづな)は、裊(しな)やかに、細い道(小径)を曲って村を通る

※井を鑿つ 井戸を掘る   ※纜(ともづな) 船尾にあって船を陸につなぎ止める綱

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆李絶杜律(りぜつとりつ)

唐の二大詩人(李白・杜甫)の特徴を簡潔に評した言葉で、李白の絶句に比して、杜甫は律詩に優れているという意味です。

杜甫の絶句は少なく、現存する絶句は百三十首余りと言われていて、この絶句はその中の一首です。

絶句とは、起・承・転・結の4句からなり、1句が5字の五言絶句と、7字の七言絶句とがある。律詩とは、四聯構成の、一定の韻律に従う8句からなります。

漢詩って楽しいですネエ。

|

« GGの一日 | トップページ | 野田佳彦総理の外交 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52808894

この記事へのトラックバック一覧です: ≪返信≫ 杜甫の漢詩(絶句)について:

« GGの一日 | トップページ | 野田佳彦総理の外交 »