« 民主党代表選挙の予想・・前原誠司で当確! | トップページ | 次期総理“前原”を試している中国共産党 »

2011年8月24日 (水)

三代続く民主党政権(鳩山/菅/前原?)

Pn2010092101001075___ci0003

◆島田伸介「芸能界引退」の美学

今朝は、前原誠司前外相の「民主党代表選出馬表明」ニュースよりも、島田伸介さん(55)の「芸能界引退」ニュースがトップ扱いだった。

過去の「政治的発言」がキッカケでトラブルになったのを“解決”してくれたのをキッカケに、島田伸介さんは「暴力団(関係者)とのメールのやりとり」があったという。

島田伸介さんは、この事実を認めて「私のささやかな美学を通したい」として、(気持ちが良いくらい)スパッと引退を発表した。

何処かの某総理大臣より、はるかに、見事な“引き際”だったと思う。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆三代続く民主党政権・・・いい加減にして!

さて、島田伸介さんの話題は、これくらいにして政治の話題に移る。

昨日、ブログで「前原誠司で当確」と書いた。この「予想」はほぼ間違いないだろう。

前原氏は「挙党一致」を口にしている。

(何故だか知らんが)「政界の郷ひろみ」と言われ、国民の人気も高いらしいので小沢一郎もその「人気」を利用して、“党の顔”(代表)にするだろう。

残念ながら、我々国民はしばらくの間、民主党政権に“忍従”しなければならない。

Ima 31_001

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆仏の顔も三度

「誰がやっても菅直人よりはまし」(Everybody but Kan)と身内にも言われ、ついに辞めることになった菅直人総理である。

しかし、その菅直人とて最初から「期待を裏切った」わけではなかった。

ポッポ鳩山総理が、政権交代後“1年未満”で辞任した時も、「誰がやっても鳩山由紀夫よりはまし」(Everybody but Hatoyama)と言われていた。

一時的に、菅内閣は「支持率」を回復したが、それもつかの間、3.11以降は特に、政治空白が続いた。

三代目の前原政権も、また同じ運命を辿る。

何故なら、「前原」だからではなく、(小沢一郎がどうこうではなく)、三代目もまた「民主党」政権だからである。

「仏の顔も三度」である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆解散総選挙(12月)は必至

振り返れば、マスメディアの責任が大きい。

政権発足後、自民党に「マニフェスト」の財源問題を批判されると、鳩山総理は「マニフェスト」は4年間で実行出来れば良い」と逃げた。

マスメディアは、「事業仕分け」パフォーマンスを集中報道し、民主党政権に加担した。

普天間問題で、「私には腹案がある」と嘘をついたポッポ鳩山由紀夫が総辞職した時も、「総理がコロコロ変わっても良いのか」とマスメディアは批判した。

鳩山の「政治」が行き詰まっているのに、「短期間で辞める」ことを批判したのである。

菅直人に対しての「菅降ろし」についても、やはり「政局をやっている場合か」と批判した。

民主党政権では、誰が総理になってもダメで、解散総選挙しか「国難」を乗り越える道は無い。

====================

50_027

(写真)北海道・白老町のアイヌ民族博物館にて

|

« 民主党代表選挙の予想・・前原誠司で当確! | トップページ | 次期総理“前原”を試している中国共産党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52555153

この記事へのトラックバック一覧です: 三代続く民主党政権(鳩山/菅/前原?):

« 民主党代表選挙の予想・・前原誠司で当確! | トップページ | 次期総理“前原”を試している中国共産党 »