« 今日からブログを再開します | トップページ | 小沢一郎とは何者か? »

2011年8月19日 (金)

誰が民主党代表→総理大臣になっても年内“解散総選挙”すべき

50_041

青年よ大志を抱け!クラーク博士像の前で

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「日本の政治」は大渋滞

暫らく政治ブログを休んでいる間にも、菅直人の運転する「日本の政治」は前に進んでいない。

いよいよ、天才詐欺師・菅直人も“万策尽きて”、未練がましく「総理の座」を明け渡すこととなった。

民主党代表選のレースは、何か良く分からないが大混乱のようだ。

「日本の政治」は、ずうっと大渋滞のままである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆2代続けて最悪だった(民主党の)総理大臣

鳩山由紀夫を継いだ菅直人には、“男の花道”は用意されていない。(当たり前である!)

菅直人を待っているのは“総理の犯罪”(外国人からの政治献金、北朝鮮関連団体への多額の政治献金)の追及である。

少なくとも、「辞めれば済む」ことではない。拉致被害者家族の前で土下座して謝罪すべき“総理の犯罪”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ポスト菅は、親小沢か反小沢か?

兎も角ネエ・・・、菅直人の数々の悪政の結果、まだ正式に代表選の日程は決まっていないが、野田、鹿野、海江田、馬淵などの名前が挙がっている。

前原は態度保留中だ。

菅直人が辞めることは、喜ばしい事だが、ポスト菅を争う「民主党代表選レース」は、大渋滞で、3・11以来「日本の政治」は前に進んでいない。(正確には、3・11以前からだが・・・)

(現有の)国会議員で選ぶとなると、党内最大勢力の小沢派の「協力」が必要なために、小沢一郎の「発言」が最も注目されている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆誰が総理でも、年内に解散総選挙をすべき

小沢一郎や鳩山由紀夫は、①マニフェストを守ること、②増税反対などを「旗印」にしているようだ。

「総理を辞めたら議員も辞める」と広言し、撤回したり、お笑い界に転身したはずのポッポ鳩山は相変わらず「ルーピー」発言を繰り返している。

いっその事、ポッポ自ら、再び「立候補」すれば良いじゃないか!不謹慎だがお笑いのネタとしては面白い。<これは失礼>

話を“民主党代表選”に戻すが、誰が総理になっても年内に総辞職か、解散総選挙に追いこまれるだろう。

(何故なら、民主党への政権交代が“幻想”でしかなかったから、今度は“現実”の政治に戻さなければならない)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆野田佳彦氏に期待したい

呆れるくらい反日・外国人勢力に毒された議員が多い民主党の中で、野田佳彦氏は極めて“異質”である。

そもそも、綱領もない、思想・信条もバラバラで、外交・防衛政策においても「思いつき」「無策」の民主党の中で、野田佳彦氏はホンモノの“保守政治家”らしく見える。

松下幸之助翁の「人材育成」松下政経塾の第一期生というのが、野田佳彦氏に期待する理由である。

野田氏は、「外国人参政権付与に反対」「集団的自衛権を承認」を明言し、「A級戦犯は犯罪者ではない」と断言するなど、その歴史観は“常識的”である。

期待したい政治家であるが、野田氏が総理になっても年内には、解散総選挙をすべきである。

===============

50_084

孫の隼弥君と買い物へ

|

« 今日からブログを再開します | トップページ | 小沢一郎とは何者か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52512261

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が民主党代表→総理大臣になっても年内“解散総選挙”すべき:

« 今日からブログを再開します | トップページ | 小沢一郎とは何者か? »