« 教育勅語を読む | トップページ | 野田佳彦新総理、最大の障害は“民主党” »

2011年8月30日 (火)

頑張れ、野田佳彦さん!

有権者は、「政治」を批判する時に、次の言葉をよく使う。「誰がやっても同じではないか」「コロコロ総理を替えるべきでない」と。私は、「政治」への諦めと無批判がおり混ざったこの様な言葉・フレーズが嫌いだ。

政治家も有権者も、矜持を持つべきである。

「全員野球を!」というが、民主主義の基本は「打たれたら、(投手)交代」である。ダメなら、即交代すべきである。マウンドに上がったら、全力投球で三者三振にするくらいの気概を持つべきだ。

20100331_4bb32ddb73354

=======================

◆おめでとう!野田佳彦さん

民主党の代表選は、1週間前の私の予想(=前原)を裏切って(笑)、野田佳彦氏に決まった。

新代表(=新総理)に選ばれた野田佳彦氏に、私自身は大いに期待したい。(ただし、3ヶ月位はお手並み拝見である)

千葉県の選出議員という点、「経済成長&財政再建」政策と「保守&中庸」思想という点で共感する部分が多く、野田氏は「民主党にしておくのは惜しいくらいの人物」(笑)だと言える。

国家・国民のために、頑張って、いただきたい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆野田氏の勝因は、「私は解散をしません」

昨日は代表選の模様、各候補の演説を聴いたが、野田佳彦氏の演説が一番上手かった。

「怨念の政治は終わりにしよう」という野田氏の訴えは、前原陣営を指揮する“仙谷由人”と海江田陣営を指揮する“小沢一郎”との間で疲れきっている民主党議員の心に響いたようだ。

注目の2位争いは、「郷ひろみ」の前原よりも「ドジョウ」の野田へ票が集まった。

野田氏の最大の勝因は、氏がサラッと言った「(ドジョウの)私が総理になっても、(すぐには)支持率は上がりません」「(だから)解散はしません」という言葉だった。

若手議員の心理を衝いた「解散はしません」の言葉に会場から(安堵の)拍手が起こったのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆海江田氏の敗因は、「三党合意の見直し」

海江田氏の敗因はハッキリしている。小沢一郎への配慮から、発言がブレたこと。

即ち、「三党合意の見直しや小沢氏に対する処遇の見直し」発言から、海江田氏が総理になれば、小沢の傀儡でしかない。

これでは野党(自民党&公明党)の反発は必死で「安心」できない。

結局、何故、民主党議員は野田佳彦を選んだのか?野田氏の思想でも政策でもない。「野田氏が最も、“解散総選挙”から遠い処にいる」というのが、その理由である。それだけの事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆年内に解散総選挙を!

野田佳彦氏の総理就任が、現実となった。これで、民主党政権が三代続くことになる。

政権交代してから2年経って、民主党政権の“全体の風景”が見えてきた。民主党政権の“正統性”が失っている。民主党は下野すべきであると思っている。

野田氏は、「政権交代して良かったと思えるように」「これからの2年間のガンバリが大切だ」と、挙党一致と野党との協力を呼びかけたが、これには反対である。

2年間も猶予は無い。そんな贅沢は許されない。短期間で、「実績をつくり」解散して信を問うべきではないか。それは、民主党のためではなく、国家国民の為にである。

=====================

|

« 教育勅語を読む | トップページ | 野田佳彦新総理、最大の障害は“民主党” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野田佳彦新首相には、就任おめでとうございます。
過去に日本の首相は、めまぐるしく変わり、外国人から、嘲笑されている状態です。
しかし新しい首相、野田佳彦首相には、中長期的に本当に日本の政治を良くするために頑張ってもらいたいです。抜擢した閣僚も、概ね、若くて有能な方で固めていますので、何かやってくれそうです。
そこで、野田首相を盛り上げるために、微々たる力ですが、応援する会を立ち上げたいのです。年齢層は50~60~70代の前半の、政治、経済、社会、など、側面からバックアップしても良いという方々を対象にしています。男女問わず、決して有能でなくとも、誠実で、自分のご意見をお持ちな型なら十分に資格があります。
私たちは会合の場所は、レインボウブリッジの見える東京港区芝の高層ビルの高層階にすでに確保されており、場所の心配はありませんが、場所については、貴事務所と相談する用意もあります。
私たちの有志の会に参加したい人は、すでに数人集まっておりますが、皆、紳士、淑女です。
有志で希望者の方は、メール、mayu7772006@yahoo.co.jp (繰り返します mayu7772006@yahoo.co.jp) までメールを下さい。詳しくご説明に伺います。すでに数人の有志も集まっています。

東京在住 、野田真由美(野田首相とは単に同姓だけでして何らの血縁関係もございません)。

投稿: 野田真由美 | 2011年9月15日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52603339

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ、野田佳彦さん!:

« 教育勅語を読む | トップページ | 野田佳彦新総理、最大の障害は“民主党” »