« 小沢一郎とは何者か? | トップページ | 民主党代表選の“茶番劇” »

2011年8月21日 (日)

原発(事故)への素朴な疑問

北海道の高橋はるみ知事が、原発事故初となる泊原発運転再開を決めた。反原発派は、知事の決定に反発している。しかし、肝心の民主党政権と言えば、ポスト菅~「代表選挙」の事で頭が一杯の様子だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

031

◆非科学的な「原発」賛否の議論

福島第一原発事故の後、“雨後の筍”のごとく「反原発派」が増えた。

総理の菅直人は「(原発は)制御不可能」と言い“浜岡原発”を止め、ストレス・テストを言い出して原発にブレーキをかけるなど(菅直人個人として?)「脱原発」の政治色を鮮明にした。

菅総理の言う通り、「原発」は“制御不可能”なのか?“悪魔の火”なのか?

「原発」賛否の議論は、聴いていてどちらも釈然としない。

つまり、(科学者の議論も含めて)非科学的である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「原発」賛否議論の整理

「反原発」「脱原発」「脱原発依存」「減原発」などと、色々な言い方があるが概ね次のように分類される。

① 「放射能汚染から子供を守れ」という一般的な《安全優先型》。

② 「制御できない原発はもはや環境破壊装置でしかない」「(だから)原発はいらない」という《環境重視型》。

③ 「反原発の闘いも、沖縄の闘いも同じ」という“反核・反戦・反基地”闘争と“反原発”闘争を結び付ける《政治イデオロギー闘争型》。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安全基準がない

「原発はいらない」と言っても、口で言うほど簡単な事ではない。

私は、①《安全優先型》に近い。「(安全な)原発推進論」に立つ。

しかし、この議論も、混乱している。

つまり、安全基準値の根拠自体が曖昧である。

ラドン(ラジウム)温泉等の発生する放射線量は、「微量であれば身体に安全である」「がんにも有効である」(ホルミシス効果)という学者もいれば、「放射能は微量でも危険だ」と言う学者もいる。

どちらも、決め手(データ)はないと言える。科学的に決着がついていない。

いやむしろ、曖昧なまま「安全基準」は政治的思惑が優先する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆原発は制御不可能か?

「原発」賛否議論は、『安全優先』への真摯な科学・技術的アプローチが欠落している。

「俺は原子力に詳しい」と言った菅総理が、「原子力発電は、(もはや)制御不可能」と言い放った。

「人間が手を出してはいけないモノ」「悪魔の火」という風に、原発を憎む感情が増殖された。

しかしこれは間違いである。

賛否どちらにせよ50年先まで、我々は(既存の施設を含めて)原発と付き合っていかなければならないのだ。

少なくとも総理大臣は、「制御不可能」と匙を投げるべきではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆あの“発言”はどうなった?

物忘れが多くなった私だが、原発を巡る「菅直人発言」又は「方針」は、一体どうなったのか?不思議に思う事がある。

例えば、次のような発言又は方針である。

(1)ストレステスト

7月上旬、玄海原発の「再稼働」の直前に、「ストレステストの実行を“原発再稼働の条件とする”」と発言した。

しかし、そのストレステストの「草案」さえ発表されていない。どうしてか?

(2)事故調査・検証委員会

福島第一の事故原因の究明で、菅総理は、内閣府設置の第三者機関「事故調査・検証委員会」設置を決めたが、原因究明は進んでいない。

同じ震災なのに、福島第二が何故無事停止したのか?

事故原因の究明は、少なくとも10月以降という。

驚くほどの“遅い”ペースである。

(3)電力の需給調査はどうなったのか?

「原発抜きで本当に所要電力量を賄えるのか?」また、「原発停止に伴う家計や企業の負担はどうなるのか?」についての情報開示がない。

マスコミは、「原発被害の深刻さ」を報道するが、(1)(2)(3)の事に対して、(民主党政権に対しての)追及が足りない。

=====================

政府・民主党は、ストレステスト、事故原因の究明、電力需給の調査も進んでいない。肝心の情報は開示せず反原発のムードだけを盛り上げている。

「脱原発」でもよいが、如何にして経済の影響を少なくするか、企業の海外流出を防ぐか?そのためにも素早い情報開示と、科学を基調とした真摯な議論が大切である。

283

|

« 小沢一郎とは何者か? | トップページ | 民主党代表選の“茶番劇” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52529403

この記事へのトラックバック一覧です: 原発(事故)への素朴な疑問:

« 小沢一郎とは何者か? | トップページ | 民主党代表選の“茶番劇” »