« 《漢詩鑑賞》 芙蓉楼にて辛漸を送る 王昌齢 | トップページ | 真夏の政局(3) »

2011年8月 7日 (日)

(菅総理の)顔も見たくない

Tn201

昨日は66回目の広島の「原爆の日」でした。

私も、テレビを見ながら、朝8時15分に黙とうをした。

(その後)菅直人総理のスピーチが始まると同時に、TVのスイッチを切った。

菅直人の顔を見たくないからだ。

日本人としては忘れられない原爆犠牲者“鎮魂の時”である。

その“鎮魂の時”に、醜悪な権力亡者・菅直人の顔を見るのは、極度の苦痛を感じる。

中味の無い「脱・原発依存」を発言し、「原爆の日」を政治利用するのが見え透いていたからだ。

報道で知ったのだが、やはり菅直人は「脱・原発依存」を発言した。

この発言批判は後日に回す。

厄病神のような男・菅直人総理は、ますます日本の国際的な地位を低下させ、国民の意欲を削ぎ落すことは確かなことだ。

菅直人の顔を見るのも嫌だ。

一刻も早く、消えてくれ!

===============

Ec43ca68dc6773295c4b276f82ba4e4c_tn

|

« 《漢詩鑑賞》 芙蓉楼にて辛漸を送る 王昌齢 | トップページ | 真夏の政局(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52416434

この記事へのトラックバック一覧です: (菅総理の)顔も見たくない:

« 《漢詩鑑賞》 芙蓉楼にて辛漸を送る 王昌齢 | トップページ | 真夏の政局(3) »