« もはや国賊と言うしかない | トップページ | 権力者の恫喝には屈しない東北人の“気骨” »

2011年7月 3日 (日)

菅直人・・・もはや国賊と言うしかない《断定》

シンガンスのときは、「うかつでした」と逃げ、外国人からの献金のときは3月のドサクサでこっそり返金した。今度は、拉致関係者の政治団体に、6250万円献金していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sha1103110954009p1

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人と北朝鮮人脈との関係   1449062  1449063

菅直人総理の資金管理団体「草志会」が、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の親族が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)の関連政治団体「政権交代をめざす市民の会」(奈良握代表)に、計6250万円の政治献金をしていた。

「市民の会」には北朝鮮による日本人拉致事件の容疑者の親族が所属している。その親族とは、よど号ハイジャック犯のリーダー故田宮高磨と、拉致容疑で国際手配中の森順子(58)の長男(28)である。

長男は北朝鮮で生まれ、平成16年に日本に帰国するまで北で生活していた。4月の東京都三鷹市議選に「市民の党」から立候補していたが、落選している。

「市民の党」の酒井代表は、「菅首相とは30年くらい前からの付き合い。寄付については出している側(菅総理)に聞いてほしい」、「めざす会」の奈良代表は「首相と会った事もないし、詳しいことは分らない」と話している。

「市民の党」と「めざす会」とは、同一人物が事務担当者を務めていた時期があるという。

菅直人の事務所は、「(献金について)法に則り適切に処理している」とコメントしている。

1449062_2

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆簡単には、見過ごせない!

この重大なニュース≪菅首相側、北の拉致容疑者親族の政治団体に6250万円献金≫が、日本のマスメディアでは、ほとんど報道されない事に、不気味さを感じる。

鳩山由紀夫前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」も、平成19年に1000万円を献金している。

長男(28)本人は、確かに、直接的に拉致事件やハイジャック事件に関わっていないだろうが、北朝鮮で生まれ育ったのは事実である。

菅直人の事務所が、「違法性は無い」と言って済む問題ではない。

むしろ、平然と「北の拉致容疑者親族の政治団体」に政治献金を行なえることが、異様であり腹立たしい思いがする。

1449063_2

=====================

|

« もはや国賊と言うしかない | トップページ | 権力者の恫喝には屈しない東北人の“気骨” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52109403

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人・・・もはや国賊と言うしかない《断定》:

« もはや国賊と言うしかない | トップページ | 権力者の恫喝には屈しない東北人の“気骨” »