« 菅直人こそ即座に辞めるべき | トップページ | 衆院予算委員会(7月6日)・・・断末魔・菅直人の執念を観た »

2011年7月 6日 (水)

《漢詩》 垓下の歌 項羽

Gaikanouta

力山を抜き気世を蓋う

時利あらず騅逝かず

騅の逝かざる奈何すべき

虞や虞や若を奈何せん

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

Koii000

我が力は山をも引き抜き、意気は世界を蓋い尽くすに足るものだ。ところが、どうしたことだろう。時勢が急に悪くなってしまった。おまけに愛馬の騅も進まぬ。

騅が進まなければ、どうしょうもない。虞よ虞よ、愛しいおまえをどうしょう・・・。

=================

101224165413003

|

« 菅直人こそ即座に辞めるべき | トップページ | 衆院予算委員会(7月6日)・・・断末魔・菅直人の執念を観た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52133897

この記事へのトラックバック一覧です: 《漢詩》 垓下の歌 項羽:

« 菅直人こそ即座に辞めるべき | トップページ | 衆院予算委員会(7月6日)・・・断末魔・菅直人の執念を観た »