« 大惨事(ノルウェーのテロ事件&中国の高速鉄道事故)と原発問題 | トップページ | 愛国と正義 »

2011年7月26日 (火)

窮地の菅直人に“蜘蛛の糸”(助け舟)を差し出す北朝鮮

1471554

拉致関係団体「市民の会」への多額の政治献金など、北朝鮮との“真っ黒な関係”が暴露され窮地にいる菅直人。

その菅直人に北朝鮮側から“蜘蛛の糸”(助け舟)が差し出されたようだ。

民主党の中井洽が北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)大使と極秘会談を行なった事が発覚した。

菅直人は、極秘会談も電撃訪朝も全て否定しているが、恐ろしいニュースである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

Kor1008032112006p1 Imagecatbk0h2

◆「極秘」がバレてしまったポン助・中井洽

菅総理の意向を受けた民主党の中井洽元拉致担当大臣が、政府の拉致対策本部の職員と同行して、北朝鮮のソン・イルホ日朝国交正常化交渉担当大使と、(中国の仲介で)極秘会談していた。

バレたから「極秘」にはならないが、売国奴でポン助の中井洽にはやってもらいたくない北朝鮮との「外交交渉」だ。

ポン助・中井は、日本人拉致事件解決への「進展」を求めただろう。

一方の、北朝鮮側は“思わせぶり”な態度を取りながら、「盟友=工作員」菅直人総理に対して莫大な「見返り」と「拉致の終結」を要求しただろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

B0183304_21351266

◆菅直人の目の前に“蜘蛛の糸”

拉致被害者が全員帰ってくるなら別だが、菅直人の「政治パフォーマンス」のために、「拉致」が“終結”させられる訳にはいかない。

「極秘会談」の狙いは言わずもがなである。北朝鮮は、窮地の民主党政権に“蜘蛛の糸”(助け舟)を差出した。

これに、菅直人は飛び付いた。

北朝鮮が差し出したのは、正に、「蜘蛛の糸」(芥川龍之介の小説)なのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

51r53b7w3rl

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

昨日、たけしのTVタックルで、山際氏が菅直人&民主党政権と北朝鮮の“黒い関係”について、かなり詳しくやっていた。これは全て事実であり、氷山の一角だということを知るべきだ。ほとんどのマスコミがスル―しているが、菅直人政権を早く潰さないと、日本が危ない。

=======================

000030 128478129786716107852 Imageca7xme3z 42_001

|

« 大惨事(ノルウェーのテロ事件&中国の高速鉄道事故)と原発問題 | トップページ | 愛国と正義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52312688

この記事へのトラックバック一覧です: 窮地の菅直人に“蜘蛛の糸”(助け舟)を差し出す北朝鮮:

« 大惨事(ノルウェーのテロ事件&中国の高速鉄道事故)と原発問題 | トップページ | 愛国と正義 »