« (旧)民社党~(現)民主党の系譜 | トップページ | 「争ってる場合か!(被災地の声)」が、菅災を増大させる »

2011年6月28日 (火)

新トロイカ&民主党執行部による集団詐欺

201105062150305afs

◆この期に及んでの“総理会見”

昨夜、菅総理は“退陣メドの3条件”を示した。

①第2次補正予算案の成立、②特例公債法案の成立、③再生エネルギー法案も成立、以上の3つが退陣の『条件』との事だ。

菅総理は、退陣の『条件』を示したが、退陣の『時期』は明らかにしていない。

条件が充たさなければ、総理を“続投”するという意志表示でもある。しかも、「解散」を否定していない。

菅直人らしい“詐欺師の会見”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

Photo

◆今更の“内閣改造”

震災から3ヶ月半も過ぎてようやく復興大臣(松本龍氏)と原発大臣(細野豪志氏)が決まった。環境大臣は、江田法相が兼務するという。

全く「何をやりたいのか?」分らない改造人事である。論評に値しない。

ハッキリしたのは、自民党の浜田氏を引き抜き、政務官に起用した事(禁じ手)で、自民党を“挑発”した事である。

自民党も、舐められたものである。しかし、最も舐められているのは国民、就中「被災地の人々」ではないか?

「再生エネルギー法案」なんて復興と関係は無いし、緊急な課題ではないだろうに、「俺の顔を見たくなければ通せ」と云う、動機不純の“駆け引き(騙し)法案”である。

しかし、菅の思惑通り、「自民党は非協力的」として逆に自民党が叩かれる可能性がある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆今日の“民主党両院議員総会”を注目しよう!

注目すべきは、民主党全体が、どう動くか?である。

岡田幹事長や安住国対委員長らは、菅直人に「不信感」「不安感」を持っているようだが、所詮負け犬の遠吠えでしかない。

5月末の内閣不信任の動きに対して“切り崩し”を図り、(もし通れば)「総理に解散を奨める」(安住)と言った事を忘れたのか?

今日“民主党両院議員総会”が予定されている。そこで菅直人(代表)の解任が決議がされるのではないかという噂もあるようだ。

もし、この期に及んで、民主党の分裂を避ける=“民主党の団結”を優先させるだけで、何事も無かったかのように終わったら民主党には、もはや“自浄能力”などないというべきだ。

多分、“民主党の団結”を確認して、終わるような気がする。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

100825_ozawa_01_450_jpg_image_col3w Imagecaal5w26

◆新トロイカ&民主党執行部による“集団詐欺”

結局、民主党両院議員総会では、ある程度のガス抜き(=執行部批判)でもめるだろうが、菅直人(代表)の「解任」決議はなされない。

何故なら、小沢一郎が動かないからだ。小沢の狙いはハッキリしている、①再び民主党のヘゲモニーを握る事、②その“決戦”の時期は「9月以降」である。だから、小沢は、菅直人のズルズル“延命”を許したのである。

菅直人を支えているのは、菅直人・小沢一郎・亀井静香の『新トロイカ』体制である事は、前にも述べた。

現在の“政治状況“の本質は、『新トロイカ』3人に民主党執行部を加えた、集団詐欺と言っても言い過ぎではないだろうと思う。

=====================

283

|

« (旧)民社党~(現)民主党の系譜 | トップページ | 「争ってる場合か!(被災地の声)」が、菅災を増大させる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/52064859

この記事へのトラックバック一覧です: 新トロイカ&民主党執行部による集団詐欺:

« (旧)民社党~(現)民主党の系譜 | トップページ | 「争ってる場合か!(被災地の声)」が、菅災を増大させる »