« 「民主党」の“解散”恐怖政治 | トップページ | 試練を越える 月刊誌『到知』7月号より »

2011年6月 3日 (金)

本当にあった怖い話(主演:菅直人・鳩山由紀夫)

史上最低の総理=鳩山由紀夫に史上最悪の総理=菅直人。もはや、民主党は、政権の座にいてはいけません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20110419t23_58_311

◆菅&鳩山会談で3つの「確認事項」を交わした

(1)民主党を壊さないこと

(2)自民党政権に逆戻りさせないこと

(3)震災復興

民主党議員は、「被災地の声を聞け」、「党で争っている場合じゃない」などと美辞麗句を口にするのは上手だ。

しかし、彼らのホンネは、「確認事項」にある通り、(1)民主党を壊さないこと、(2)自民党政権に逆戻りさせないこと、が最優先である。

“党利党略”が優先「事項」で、(3)震災復興などは、その次である。

原口氏、山井氏などのように、民主党には“ウソ上手”が多い。

31_002

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆茶番の元凶

一夜明けて、色んな裏側の事実が出てきた。

ダマしたのは菅直人、ダマされたのは鳩山由紀夫と小沢グループなど民主党議員。

ポッポ鳩山が、「人間、ウソをついてはいけません」(笑)と怒りの表情を見せていたが、「確認事項」には、辞めるとは書いていない。

ルーピー鳩山では、天才詐欺師・菅直人に簡単にダマされるというもの。

31_001 31_004

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆結局・・・「俺は辞めない」

ポッポ鳩山が言う、「メドが立ったら、辞める」という口約束は、裏を返せば「メドが立つまで、(俺は)辞めない」ということなのである。

「被災地の声」を口にしながら、ホンネは党利党略が優先「事項」。

原口一博は、不信任に賛成表明した時に、「民主党を護るために政治家になったんじゃない」とカッコいい事を言った。しかし、それもウソだった。

党利党略、私利私欲の『我欲』・・・これが、民主党議員の共通した「本質」である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆頑張れ!自民党!

内閣不信任案が「否決」されたが、むしろスッキリした。

仮に「可決」して、民主党政権の延命に手を貸すようでは、将来に禍根を残しただろう。

政府=マスコミの「不信任が否決されたのにまだ政局なのか!」などのネガキャンなどは賢明なる国民は、その「ウソ」に気づいている。

自民党は、「民主党」とは一線を画すべきで、鳩菅の“党内政局”は対岸の火事として眺めていればよろしい。

そんなことよりも、自民党の「存在感」「優位性」を前面に出して、スピード感を持って“日本再興”に向けて闘って欲しい。

29_001

===================

|

« 「民主党」の“解散”恐怖政治 | トップページ | 試練を越える 月刊誌『到知』7月号より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51842271

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にあった怖い話(主演:菅直人・鳩山由紀夫):

« 「民主党」の“解散”恐怖政治 | トップページ | 試練を越える 月刊誌『到知』7月号より »