« 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 | トップページ | 首相の在任期間は、せいぜい1年でよい »

2011年6月 8日 (水)

《漢詩鑑賞》 絶句(二首連作) 杜甫

764年、杜甫53歳の作。

春景色をうたっている二首連作。

130468737244516222321_dscn1072_800

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆第一首

遅日江山麗  遅日(ちじつ)江山(こうざん)麗わしく

春風花草香  春風(しゅんぷう)花草(かそう)香(かんば)し

泥融飛燕子  泥(どろ)融けて燕子(えんし)飛び

沙暖睡鴛鴦  沙(すな)暖かにして鴛鴦(えんおう)睡(ねむ)る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮れるのが遅い春の日に、川も山もうるわしく

春の風にのって、花や草の芳香が匂ってくる

泥がとけたので、燕は巣作りのため飛び交い

川べりの砂も暖かくなったので、おしどりがその上で眠っている

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆第二首

江碧鳥逾白  江碧(みどり)にして鳥逾(いよいよ)白く

山青花欲然  山青くして花燃えんと欲す

今春看又過  今春(こんしゅん)看(みすみす)又過(す)ぐ

何日是歸年  何(いず)れの日か是れ帰年(きねん)ならん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

錦江の水は深いみどり色に澄み、そこに遊ぶ水鳥は益々白くみえる

山の木は緑に映え、花は燃え出さんばかり真っ赤である

今年の春もみるみるうちに過ぎ去ってしまおうとしている

いったい、いつになったら故郷に帰れるときが、やってくるのであろうか

==================

Dsc_6000

|

« 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 | トップページ | 首相の在任期間は、せいぜい1年でよい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51890324

この記事へのトラックバック一覧です: 《漢詩鑑賞》 絶句(二首連作) 杜甫:

« 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 | トップページ | 首相の在任期間は、せいぜい1年でよい »