« 著書紹介「世界の変化を知らない日本人」(日高義樹著・徳間書店) | トップページ | 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 »

2011年6月 7日 (火)

素朴で率直な“政治問答”

617rpcb8lcl

◆マスメディアの「人気投票」

某TV番組で、「誰が次の総理大臣に相応しいか?」という内容で“街の声”を集めていた。

民主党の枝野幸男、前原誠司、菅直人辺りが上位グループにいたようだ。

テレビの露出度、容姿のカッコ良さなど・・・総理大臣は誰が相応しいか?

タレント並みの「人気投票」の結果なのである。

そういえば、元タレント“漣肪大臣”の名前もノミネートされていた・・・。

(馬鹿らしくて笑うしかない)

同じ「人気投票」なら、AKB48の「総選挙」の方が、はるかに真面目で“健全”に思える。

それにかわいい。

AKB48は真剣に「総選挙」をしたが、政治家たちの「総選挙」はいつなのか?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆政府=マスメディアによる「世論操作」

問1.「菅首相はいつまでに退陣すべきか?」

某TV番組の調査では、①今月中31%,②秋頃25%、③年明け頃14%、④それ以降19%である。

秋以降が60%という「世論」には呆れる。

菅政権の“人災”を覆い隠し、「被災地の怒り」を、“政治不信”という一般論にスリカエて報道する。

政府=マスメディアは、“菅降ろし”の言論を封じ、「政局」といって非難した。

そして、諸悪の根源である菅直人の「延命」を擁護した。

秋以降という「回答」が60%という「世論」は、マスメディアによる「誰がやっても同じ」「政治に絶望」という世論誘導が影響しているのである。

被災地の「早く何とかして欲しい」の声に、「誰がやっても同じ」という「政治不信」を煽りたてて、被災者の“現政権へ怒り”を見事にスリカエ覆い隠しているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問2.「次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか?」

回答は、①民主党25.0%、②自民党24.6%であった。

問3.「あなたは菅内閣を支持しますか?」

回答は、①支持する37.4%、②支持しない58.4%であった。

・・・・・ この期に及んでも国民をダマした民主党が、僅かだがトップとは。それに、菅内閣を「支持する」が37%もいるなんていう世論(=民主党へ幻想)にも呆れたものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆真っ赤なウソ

(1)「(被災地をみれば)首相を交代させる余裕はない」?

これは、政府=マスコミがネガ・キャンした典型的なウソである。

産経の阿比留記者は、「復旧・復興の障害になっているのは菅総理ご自身ではないか」と指摘したが、まったくその通りである。

菅直人「総理」を辞めさせることが、「すべて」ではないが、菅直人(=瓦礫)を取り除かなければ、復旧・復興は一歩も進まないのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)「解散=総選挙の余裕はない」?

「内閣不信任が可決」されれば、総理は「総辞職」するか「解散」するかしかない。誰が見ても“今の非常時に”解散出来るはずがない。

しかし、その出来るはずがない「解散」を、「菅直人ならやりかねない」と民主党は、狂人に“恐怖”した。

総理周辺の枝野官房長官、岡田幹事長らは、卑劣にも「解散」をチラつかせた。

安住国対委員長は、「(総理に)解散を勧める」とまで言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)「短期間で総理が交代していいのか」?

このような声もよく聞く。

「短期間で、コロコロ総理大臣を替えるべきではない」というのは、一般論としてはその通りだ。

しかし、菅政権には、その一般論は通じない。

国益を損なうだけの極悪総理大臣なら、短期間と言えども躊躇なく「交代」させるべきだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆素朴で素直な“政治問答”

政治家というのは、中々ホンネを語らない。必ず、「被災地の声」とか、「国民の声」とかに結びつけて語る。

菅直人にとって、「(一日でも長く)総理大臣でいたい」がホンネであるように、議員の多くは「このまま議員でいたい」がホンネである。

民主党議員のホンネというのは、「首相は交代しても、民主党政権は交代したくない」「任期いっぱいやりたい」「選挙で落選するのは嫌だ」というものである。

素朴で素直な“政治問答”をすれば、「民主党は分裂」すべきである。

しかし、分裂しないのは、民主党が「選挙互助政党」でしかないからである。

政治の動きは、ウソばっかりである。

=======================

34_004 34_005

34_006

(そごう千葉で・・・デコレーション・ケーキの数々)

|

« 著書紹介「世界の変化を知らない日本人」(日高義樹著・徳間書店) | トップページ | 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51880037

この記事へのトラックバック一覧です: 素朴で率直な“政治問答”:

« 著書紹介「世界の変化を知らない日本人」(日高義樹著・徳間書店) | トップページ | 政界再編の前夜・・・新トロイカ=民主党A+民主党B+自民党 »