« 菅内閣について~歴史の評価 | トップページ | 漢詩鑑賞 山中にて幽人と対酌す 李白 »

2011年5月23日 (月)

詭弁、強弁の民主党政権

衆議院特別委員会(5月23日)

28_002 28_003

◆有能な政治家とは一体何か?

“言葉”は、政治家の命である。

しかし、最近の政治家の言葉は、(石原慎太郎都知事のような例外もあるが・・・)どうも薄っぺらだ。

薄っぺらである上に、詭弁であり強弁だ。つまり“ウソ”をついている。

(西岡参院議長の“菅首相退陣”勧告のような、100%真実でスカッとするような言論もあるが)その他多くの政治家は、“真実”を何も語っていない。

特に、民主党政権、(鳩山由紀夫は別格だが)菅直人内閣でも、総理をはじめ、閣僚や党幹部の詭弁や、強弁が酷い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆自民党に期待する

一方の自民党が伸び悩んでいるのは、谷垣総裁の(詭弁、強弁ではないが)“優柔不断”な言動の影響が大きい。

今日の特別委での谷垣総裁の“追及”は、今までよりは良かったが、まだまだ甘い。(要するに、追及の「テンポ」が悪い感じ・・・)

激しくとも真っ当な“議論”がないから、国民はスッキリしない、そして国民には失望感、閉塞感が漂う。

しかし、自民党の「復旧・復興案」が示されたのであるから、無為無策なのは民主党の方であることはハッキリしている。

自民党vs民主党の激しくとも真っ当な“議論”を望む。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

T01780284_0178028411113448383

◆詭弁の天才・枝野幸男官房長官

閣僚の中でも、枝野長官は、あれやこれや詭弁を弄している。

①「直ちには健康に影響がない」・・・だとするならば、「いつまで」「どの程度まで」ならば大丈夫なのか?という説明は無い。「直ちには~無い」というのは文法上「害がある」ということだ。

②「守秘義務」についての使い分け・・・平田オリザ内閣官房参与の「汚染水放出はアメリカの要請」(韓国での発言)は、「守秘義務」違反ではなく、小佐古敏荘教授の辞任の「説明会見」を守秘義務違反(罰則が伴う)として圧力をかけた。

③「東電がやっていることを止めたようなことは一度も承知していない」「逆方向のことは一切ない」・・・枝野詭弁長官は自主的な判断との“認識”を示したと云う。

詭弁、強弁の言辞を挙げれば、キリが無い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「100%」でも「ゼロ」でもない

次のAとBの違いは何か?

A この汚染量は、健康に悪影響を与える危険性がある。

B この汚染量は、健康に悪影響を与える可能性がゼロではない。

次のAとBの違いは何か?

A メルトダウン発生の危険性はある。

B メルトダウン発生の可能性はゼロではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆仮設住宅「2ヶ月で3万戸供給」のゴマカシ

菅政権が東日本大震災の被災者向け住宅の仮設住宅について、「震災発生から2ヶ月で3万戸供給する」と目標を掲げた。

この目標については、「3万戸完成」ではなく、「着工できる環境が整備された状態が3万戸」と“供給する“の意味を訂正した。

これは、質の悪い「言葉遊び」である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆岡田幹事長の場合

詭弁・強弁で、菅内閣を支えているその筆頭が、枝野詭弁長官である。一方の党(民主党)を支えているのが、岡田強弁幹事長である。

岡田氏は、「野党の不信任案に与党内から賛成する」動きを牽制して「党を離れて賛成するのが当然」と述べ、造反者には除名処分もちらつかせた。

ところが、新人の横粂議員が菅内閣を批判して「離党届」を提出した。「除名処分」も覚悟の上での行動だろう。

岡田強弁幹事長は、これを受理せず、「除名処分」もしていない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人の責任転嫁

菅直人総理は、2ヶ月も経って(東電が)メルトダウンを認めたことを、(最高責任者として)陳謝した。

しかし、発言の中味は、「東電の推測が違う」「報告が無い」などとしっかり東電に責任転嫁している。

政権担当能力の片鱗もないことが明るみなって来た。しかし、詭弁、強弁を弄して政権延命を図ろうとするばかりである。

===================

28_001

|

« 菅内閣について~歴史の評価 | トップページ | 漢詩鑑賞 山中にて幽人と対酌す 李白 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51747595

この記事へのトラックバック一覧です: 詭弁、強弁の民主党政権:

« 菅内閣について~歴史の評価 | トップページ | 漢詩鑑賞 山中にて幽人と対酌す 李白 »