« 民主党の良識=西岡武夫参議院議長「菅首相は即刻退陣を」 | トップページ | 菅温李の魂胆~日中韓首脳の被災地入り »

2011年5月20日 (金)

内閣不信任案の提出あるのみ

27_005

昨日はポカポカとした陽気であった。

千葉公園の池の辺りは、綺麗な花がいっぱい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

27_004

◆勇者は懼れず

真に勇気のある者は、物事を恐れない。何故なら、真の勇気がある者は、道義に従ってやましいところが無いから、何物をも恐れない。

「智者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず」(論語)と言われ、トップ・リーダーに不可欠の属性として、知・仁・勇の3つを挙げている。

まず知を磨き、仁においてそれを完成し、正しい道を勇気をもって実践するべきである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

27_003

◆政治空白?

菅直人という醜悪な権力亡者のために、日本は破滅の道を進んでいる。

普通の神経を持つ人なら、何党を問わず、この危機を打開するために、先ずは“菅降ろし”しかないと思っている。

菅内閣には「不満」だが、菅降ろしと言う「政局」で、政治空白をつくるべきでないというが、既に震災・原発事故発生以降、2ヶ月余“政治空白”であることがだんだん明らかになって来た。

目くらましと、先送りで、政治空白を続けているのは、菅直人なのである。

大義は“菅降ろし”にある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

27_002

◆あとは勇気だけ

無能で無責任な総理大臣を、批判する民主党議員が多いのだが、「不信任」を突きつけるのに二の足を踏んでいる。

その場合、菅直人は、「総辞職」をするか「解散」しかない。

この国難にあって「解散」は無いだろうと言うのが「世間常識」だが、多くの民主党議員は、その「解散」を最も恐れる。

菅直人は、その恐怖心につけ込み、岡田幹事長は、不信任なら「離党せよ」と脅す。

要するに、あとは勇気だけの問題なのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

27_001

◆政府=民主党で良いのか?

今の、政治空白を続けるくらいなら、菅直人が衆議院解散でもしてくれた方がむしろ良い。

どの道、無能、詐欺の菅直人に権力の座を与えた民主党にも責任があるが、そもそも2年前

民主党に政権を与えた国民にも責任がある。

信任されない者が、政治を続けることこそ、大義は無い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

27_008

◆今すぐ、内閣不信任案を提出すべき

谷垣自民党は、「第二次補正予算が今国会に提出しなければ」内閣不信任もやむなしという。スピード感がないのが気になる。

民主党政権は、“菅降ろし”封じのため、少しだけ「会期延長」「二次補正」など懐柔策をチラつかせている。

谷垣自民党は、早急に内閣不信任案を提出すべきである。仮に否決されようとも、大義は菅降ろしにあるのだから、恐れず勇気を持てばよい。

=======================

☆ 自宅のマンションの花壇

27_009

27_010

|

« 民主党の良識=西岡武夫参議院議長「菅首相は即刻退陣を」 | トップページ | 菅温李の魂胆~日中韓首脳の被災地入り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51719643

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任案の提出あるのみ:

« 民主党の良識=西岡武夫参議院議長「菅首相は即刻退陣を」 | トップページ | 菅温李の魂胆~日中韓首脳の被災地入り »