« <勝手に王様になった菅政権 民主・自主・公開の3原則>武田邦彦先生のブログより | トップページ | 原発作業員死亡 »

2011年5月14日 (土)

天皇皇后両陛下、被災地をお見舞い

5914

◆誇りある日本国民として

日本国民は心を一つにして国難を乗り越えるだろう。

何故なら、天皇陛下が辛苦を国民と共に歩まれるからこそ、我々国民は希望が持てるし、勇気が湧いてくる。

日本国民は、幾たびの国難を、天皇陛下の下に乗り越えて復興してきた。

日本国民は、天皇陛下の下でこそ、心を一つに出来るのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

●両陛下の慈悲深いお振舞いに・・・涙がこみ上げて来て

「よく 無事でいてくれましたね」、「助かってくれてありがとう」・・・これは美智子さまの深い、深い一言。

「頑張れ」ではなく、「ありがとう」の一言にこそ被災者は、心の底から感動する。

411102

S130_201105067908001l Img_484375_62417800_0

Imagecaurp2o4

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

●静かに黙礼される両陛下

海沿いの被災地(相馬市)では、小雨の中、傘を閉じ黙礼される。

201105118811641n_2

Img_1045610_43218547_3

Tky201104140276

====================

◆最後に・・・菅直人総理の「被災地視察」

被災地で、「此処を、一番に優先する」と口約して民主党・安住地元議員と共に「ガンバロー」とコブシを挙げる菅総理。

Imagecazs6e4n

この態度を見れば、心が無いことは明らかである・・・。

20110410220833_242_1

Tky201104210126 2011042206082404a

コメントなし・・・

Cec3561e4cfbe7f2a32c7fc8686e5788

・・・醜悪な姿を見せてしまった、すみません・・・

=================

|

« <勝手に王様になった菅政権 民主・自主・公開の3原則>武田邦彦先生のブログより | トップページ | 原発作業員死亡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51667190

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、被災地をお見舞い:

« <勝手に王様になった菅政権 民主・自主・公開の3原則>武田邦彦先生のブログより | トップページ | 原発作業員死亡 »