« 有権者は「政治」に何を求めるか?~3.11大震災以降の「意識」変化 | トップページ | 首相は人間として問題がある »

2011年4月21日 (木)

老子の世界

24_008

◆老子『道徳経』第81章より

言葉が真理をあらわしていると、その言葉は美しくなく、

言葉が美しいと、その言葉は真理をあらわしていない。

本当に立派な人は言葉で議論をせず、

言葉で議論する人は立派でない。

本当の知者は博識でなく、

博識の人は本当に知っていない。

賢者は蓄めることをしない。

他人のために出し尽くすと、得るものは多くなり、

他人のために分けてやると、得るものはさらに多くなる。

天の「道」は善いことをなすが害を加えない。

賢者の「道」は行いをするが名声を求めない。

================

☆「お化け」のポーズでふざける孫の隼弥君

24_003

|

« 有権者は「政治」に何を求めるか?~3.11大震災以降の「意識」変化 | トップページ | 首相は人間として問題がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51449057

この記事へのトラックバック一覧です: 老子の世界:

« 有権者は「政治」に何を求めるか?~3.11大震災以降の「意識」変化 | トップページ | 首相は人間として問題がある »