« 民主党に政権を与えた有権者の責任 | トップページ | 大震災から1ヶ月 »

2011年4月10日 (日)

老子の世界 

11_007

◆老子 『道徳経』第39章より

昔、「一」を得たものがいた。

「一」を得て、天は清らかに、

「一」を得て、地は穏やかになった。

「一」を得て、神は霊的になった。

「一」を得て、海は充満している。

「一」を得て、万物は生きかえった。

「一」を得て、統治者は天下の模範となった。

これらすべては、「一」によってこうなったのである。

清らかでなければ、天は裂かれるだろうし、

穏やかでなければ、地は揺れるだろう。

霊的でなければ、神は砕けてしまい、

充満してなければ、海は干上がってしまうだろう。

生きかえることがなければ、万物は消滅するだろうし、

天下の模範でなければ、統治者はつまずいてしまうだろう。

だから、価値なきものは価値あるものの基礎として役立ち、

劣っているものは優れているものの基礎として役立つ。

このように、統治者とは自らを長所のない、

価値のない、孤立した者を呼ぶのである。

これは価値なきものが価値あるものの基礎として役立つことを証明しているのではないだろうか。

だから、最高の名誉はほめられないことである。

統治者は優美な翡翠のように尊ばれることを望まない。

彼らは平たくして堅い岩石のようである。

=================

119594408365916410820

|

« 民主党に政権を与えた有権者の責任 | トップページ | 大震災から1ヶ月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51350166

この記事へのトラックバック一覧です: 老子の世界 :

« 民主党に政権を与えた有権者の責任 | トップページ | 大震災から1ヶ月 »