« 「今は健全な野党」(政局の鬼才:小泉純一郎) | トップページ | 年年歳歳、花相似たり »

2011年4月 7日 (木)

太上は天を師とし

桜が色づき出した千葉公園・・・

17_004

◆統一地方選挙は、あと残す3日

昨日は、地元の千葉市稲毛区選出の小松崎ふみよし市議候補の個人演説会に行って来た。

小松崎ふみよし氏は、地元千葉1区の大政治家・臼井日出男先生の秘書を長年務め、市議2期目に挑戦する。

小松崎ふみよし氏は、臼井日出男先生の薫陶を受け、研鑽を重ね、政策力にも優れて抜群の行動力を持つ若き政治家である。

Profileimage Abe_kouichi

写真(左)小松崎ふみよし市議、(右)阿部紘一県議

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

個人演説会には、同じ地元の阿部紘一県議候補も応援に駆けつけた。阿部紘一先生は、ベテランの千葉県議であるが、人柄・生き方は誠実そのものの政治家である。

個人演説会にはもう一人、弁護士の門山宏哲(かどやま・ひろあき)先生も応援に駆けつけた。

門山宏哲先生は、名刺には、“自由民主党・衆議院議員千葉県第一選挙区支部長”と肩書が書いてあった。

要するに、千葉1区の“衆議院議員”候補者である。(写真下)

Seminars_image1_00027550

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆人は鏡、万象はわが師

愛読書『万人幸福の栞』(丸山敏雄著)に、「太上は天を師とし、其次は人を師とし、其次は経を師とす」(43p)とある。

これは西郷隆盛も愛した『言志四録』(佐藤一斎著)の中にある言葉で、「大一級の人間(太上)は、自然(天)を師とする」と言う意味である。(因みに、「経」とは、経典、立派な本と言う意味。)

このたびの大災害は、大自然と神々への畏敬(宗教心)を忘れた為政者(菅直人民主党政権)への“天の怒り”とも、私には思える。

辛いのは、そのせいで国民が犠牲になる事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆原発事故、神頼みしかない・・・

もう「菅直人総理にはウンザリ」という気持ちである。菅直人・仙谷由人の仕掛けた「大連立」騒動は、自民党の「拒否」回答に、沈静化している。しかし、「菅抜き」大連立の動きはくすぶり続けている。

一方、原発事故は、良い兆しが見えない。政府とマスコミによる「情報統制」のせいか、何がどうなっているのか良く分らないが、事態は、深刻になっているようだ。

科学者の「解説」なんて、サッパリあてにならない。こうなれば神頼みしかない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅政権の罪、万死に値す

東電は、政府了承のもと、放射能汚染水を海に放流したが、韓国は「放流」について事前了承の無い事を「批判」したが、外相は、「法律上、問題ない」とした。又、漁業関係者も、東電と政府に対して「抗議」した。

「法律上、問題ない」と言うが、“法律”で事故拡大を防護することは出来ないのである。

大震災や原発対策が一段落した時点で、速やかに、菅直人を総理の座から引き下ろさなければならない。

=====================

17_003

|

« 「今は健全な野党」(政局の鬼才:小泉純一郎) | トップページ | 年年歳歳、花相似たり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51324319

この記事へのトラックバック一覧です: 太上は天を師とし:

» ★放射能拡散情報公開は八百長の出来レース! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★報道管制の実態を誤魔化すマスコミ!★最新の放射能汚染シュミレーション「ZAMG [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 16時35分

« 「今は健全な野党」(政局の鬼才:小泉純一郎) | トップページ | 年年歳歳、花相似たり »