« 散歩と読書 | トップページ | 【お知らせ】すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会 »

2011年4月15日 (金)

復興構想会議の狙い~権力欲に執着する菅直人

9a101d3cs

◆やっていることが支離滅裂

菅直人総理は、震災後、ポスト(蓮舫節電啓発大臣、辻元ボランテイア担当補佐官など)などを増やしたが、目障りなだけだ。

さらに・・・いろんな「本部」「会議」をつくったが、どれも機能していない。

何故なら、菅直人の頭の中には、「復旧復興の青写真」はかけ声だけで、一つもないのだから・・・、それに残念ながら(菅直人の下では)官僚たちは動かない。

だから震災復旧の「実務」は進まない。

「実務」は進まなくても菅直人は平気だ。彼にとって、総理であり続けることが全てだからだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「復興」よりも「政権延命」が大切

今度の東日本大震災復興構想会議(正式名称)とは、何か?

菅直人総理が、「全国民の英知を結集する」として発足させたものであるが、この「復興構想会議」の狙いは、二つある。

①菅内閣の延命であり

②「大連立」の環境づくり、である。

菅総理は、「野党にも(復興の)青写真を作る段階から参加していただきたい」と呼びかけているが、菅直人の“魂胆”は見え見えである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆小沢一郎との最終戦争(?)

復興構想会議(五百旗頭真議長)の議論が始まった昨日(14日)、「原発問題を考えずには、この会議は意味がない」(梅原猛氏)などの異論が噴出した。

五百旗頭氏は、「官僚の協力を期待する」という考えを示した。

自民党の谷垣総裁は、「会議が乱立して役割分担がハッキリしない問題が対応のまずさにつながっている」と批判したがその通りである。

菅直人の狙う「大連立」構想とは、何か?

①「復興構想会議」で大連立の環境づくり、

②小沢一郎一派、鳩山由紀夫一羽の排除、

③最終的に、自民党への「政権」禅譲という“悪魔の囁き”である。

つまり、当分解散せず、しかも「俺が総理だ!」「俺は辞めない!」と言っているに等しいのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆百家争鳴の後に来るものは?

菅直人にとっては、復興構想会議は、「ガス抜き」「(政策の)パクリ」の場でしかないから、その「提言」などは“政権延命”以上には関心を持たない。

かつて中国共産党政府が建国して7年後(56年)に、自由化を掲げた「百花斉放・百家争鳴運動」が起こった。

菅直人の提唱する「全国民の英知を集める」とは、この「百家斉放・百家争鳴」の始まりである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「中国文化大革命」を手本とする仙谷由人

中国建国以来、共産党・政府・軍幹部の腐敗が進み、特権を享受する幹部への民衆の怨嗟がエネルギーとして蔓延した。

権力者毛沢東は、民衆のエネルギーを「百花斉放・百家争鳴運動」によってガス抜きし、その後の「文化大革命」(66年~76年)によって政敵の追い落としのために利用した。

中国共産党は、不満を募らせる民衆のガス抜きをしつつ、政敵を排除し、上から押さえつける。この繰り返しによって、中国共産党独裁政権をつくっていったのである。

民主党政権の「黒幕」仙谷由人の描くシナリオは、日本版「中国文化大革命」運動なのである。

=======================

23_007

|

« 散歩と読書 | トップページ | 【お知らせ】すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51393478

この記事へのトラックバック一覧です: 復興構想会議の狙い~権力欲に執着する菅直人:

« 散歩と読書 | トップページ | 【お知らせ】すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会 »