« 菅内閣は総辞職し、選管内閣で解散総選挙をして、真の救国政府をつくるべきだ! | トップページ | 札幌西高校16期、3年5組クラス会 »

2011年4月13日 (水)

菅総理会見(12日夕)の要点整理

Plc11041219370026p1

◆「菅直人の顔も見たくない!」

昨日、菅直人が官邸で総理会見を行った。

民放は中継を入れず、NHKだけが「会見」の模様を放映した。

今までは、枝野長官の「会見」が突然始まると、民放は番組の途中でも中継に切り替えた。

昨日、民放すべてが、総理の「会見」をスル―していた。

不思議な気がしたが、すぐにその意味が分った。

国民は、菅総理を信用していない、菅総理の「会見」中継を入れるとチャンネルをかえてしまう(視聴率が下がる)、ということを民放各社が知っているからである。

要するに、菅直人なんて“顔も見たくない!”という心境なのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人の言いたいこと?

私も、“顔も見たくない!”心境であるが、忍耐強く・・・「会見」模様を、見た。

復旧・復興の具体策は何一つない。

全体に流れるモノは、「俺は間違っていない」、「俺に従え」、「俺は辞めない」、・・・という我欲そのものだった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆心に響かない、空疎な復興「ビジョン」

「全国民の英知を結集し復興にあたる」として、復興「ビジョン」を次のように語っていた。正直、眠たくなる内容だ。

(1)復興によって生み出される社会の姿(復興ビジョン)について

①自然災害に対して強い地域社会

②地域環境と調和した社会

③人に優しい社会

(2)進め方の原則について

①被災された地域住民の要望、声を尊重する

②政界・官界・学者・民間企業・NPO/全国民の英知を結集

③未来の夢を先取りする/復興構想会議をつくった

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人が言うと、「こだま」が変わる

菅総理は、「野党も復興の青写真をつくる段階で参加を!」「過度な自粛ムードはやめよう!」と、誰かがつくった「作文」を読みあげた。

自民党は、震災救助・復旧に全面的に“協力”して、既に色々“提案”をしている。何も考えないで、責任を他に押しつけるのが彼(菅直人)ではないか。

それに「風評被害をやめよう」「自粛ムードをやめよう!」と、彼(菅直人)が言うと余計「風評被害」と「過度な自粛」が広がる恐れがある。彼がそれを言うな!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆よく言った!阿比留記者

・・・・・・先ほど首相は「辞任するのか」という時事通信記者の質問には答えなかった。現実問題として与野党協議にしても、最大の障害になっているのは首相の存在であり、後手に回った震災対策でも首相の存在自体が、国民の不安材料になっていると思う。一体、なんのためにその地位にしがみついていらっしゃるのか考えを聞かせてほしい。・・・・・・

これが産経新聞の阿比留記者の質問である。これは、質問というより国民の声を“代弁”した「総理批判」である。見事な、“記者魂”である。

(これに対して、菅直人は次の通り・・・)

阿比留さんの物の考え方がそうだということと、私が客観的にそうだということは必ずしも一致しないと思っています。先ほどらい、申し上げていますように、震災が発生して、即座に自衛隊の出動をお願いし、多くの方を救済をいただきました。また、原子力事故に対しても、大変な事故でありますから、それに対してしっかりとした態勢を組んで全力をあげて取り組んできているところでありまして、私とあなたとの見方はかなり違っているとしか申し上げようがありません。

これが菅直人の答弁。「自衛隊も頑張った」「皆も頑張ってくれ」「俺がトップ(総理)で頑張る」だから、「俺は辞めない」・・・。

コメントしようがないですネエ・・・。

================

18_017

|

« 菅内閣は総辞職し、選管内閣で解散総選挙をして、真の救国政府をつくるべきだ! | トップページ | 札幌西高校16期、3年5組クラス会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51375941

この記事へのトラックバック一覧です: 菅総理会見(12日夕)の要点整理:

« 菅内閣は総辞職し、選管内閣で解散総選挙をして、真の救国政府をつくるべきだ! | トップページ | 札幌西高校16期、3年5組クラス会 »