« 大震災から1ヶ月 | トップページ | 菅総理会見(12日夕)の要点整理 »

2011年4月12日 (火)

菅内閣は総辞職し、選管内閣で解散総選挙をして、真の救国政府をつくるべきだ!

Rimg4579s

◆ビートたけし『TVタックル』

昨日は、大震災から1ヶ月経過した。しかし、菅直人総理は、官邸に引きこもったまま・・・。総理からの国民に向けてのメッセージは、何も無かった。

未だに、菅総理の口から“謝罪”はない。もちろん、震災復旧・復興のビジョンは示されていない。

昨夜の『TVタックル』(3時間番組)を途中から見たが、面白かったネエ。

都知事選で、石原慎太郎さんに次いで2位の東国原さんが途中、出演していたが、そんな「東国原氏の思惑」なんてどうでもよいが・・・。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆福岡先生は、凄かった

菅直人が震災直後、自民党谷垣総裁に、「大連立」擬似工作を電話で持ちかけた事。また、在日韓国人に「(104万円の違法献金を)無かった事にしてくれ」と電話(12日)し、2日後には返納(14日)した事・・・。

これらの事実を捉え、「菅直人は、こんな時期に自己保身と延命なんて考えている事自体が失格だ」と強い口調で言った。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆それに青山繁晴さんも凄かった

原口前総務大臣も、「人ごとみたいに言うな」とコテンパンにやられていた。(事故周辺瓦礫の場所では)「1シーベルトだと言うことを、政府も東電も言わない。隠している」(青山氏)と言った。

これは明らかに、「意図的」な隠蔽である。

勝谷誠彦氏が、「情報を握って国民に知らせない事が権力だと勘違いしている。尖閣ビデオの時と全く同じで・・・」と言う。

「官房長官も一緒だよね」(福岡先生)と応じると、「一緒です、あれは問責された男が何で戻ってきているんですか」と勝谷氏。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆やるべき事をやらない、やらなくていい事をやる、菅直人

タックルでは、被災地の漁業関係者の人も出演していた。

「港湾周辺にある瓦礫の撤去・復旧が(縦割り行政の影響で)進まない」と嘆いていた。

菅直人は、組織を増やして「会議」(小田原評定)ばかりやっている・・・と、西岡参議院議長も異例の“総理批判”を発言した。

菅内閣の閣僚では「行政・官僚を上手く使うこと」が出来ていないと言うことである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆トンチンカンな“小沢一郎待望論”(川内議員)

「菅直人ではダメだ!」というのが、出演者全員一致の意見だった。

しかし、「小沢一郎に頑張って欲しい」みたいな発言を、小沢一郎の子分・川内議員がしていた。

菅がダメだから・・・「小沢一郎待望論」なんて誰も思っていないよ!国民は民主党そのものにもうウンザリしているのだから。

=====================

◆結論

だから、菅内閣は総辞職すべき。

菅内閣が総辞職した後、臨時の選挙管理内閣を組閣すべき。

その選管内閣は、共産党も含めて全党が参加するのが望ましい。総理大臣は、谷垣禎一氏が良いだろう。

そして、臨時の選管内閣の“谷垣総理”の手により、衆議院を解散すべき。解散時期は、7月ころまでにするのが良いだろう。

選挙の主な争点は、『日本・復興ビジョン』と、『国防と国の在り方』である。そして選挙で選ばれた国会議員で救国内閣を組閣すべきである。

以上が、私の考える将来への道すじである。

======================

Photo

|

« 大震災から1ヶ月 | トップページ | 菅総理会見(12日夕)の要点整理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51368165

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣は総辞職し、選管内閣で解散総選挙をして、真の救国政府をつくるべきだ!:

« 大震災から1ヶ月 | トップページ | 菅総理会見(12日夕)の要点整理 »